2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.09.29 (Tue)

『彼らが生きる世界』の世界

ウチのヨンジュンがまたもや来日の時期ではありますが、その話題はさておいて・・・まあ色々思うところはあるので、一通り様子見の後、改めて書こうかなと(笑)。

で、今日は、最近観ている韓ドラの中で、何だかとても不思議に惹きつけられる放送局を舞台にした『彼らが生きる世界』というドラマ。

最近BSで始まったばかりなのですが、個人的にこのドラマ、妙に気になるというか惹かれる作りです。簡単に言えば「お仕事ドラマ」です。主演はヒョンビンとソン・ヘギョ。放送局の先輩後輩PDの立場、かつ、以前は恋人だったけど、今はお互いを理解しあった友人。日々トラブルの発生する撮影現場やスタッフの中で、ぶつかったりカバーし合ったり色々ありーので、あらあらまたくっついてく?みたいな・・・えーそれってどうよ!と思わないでもない設定なんですけど、なんでか続きが見たくなる(苦笑)別に主演二人が特別贔屓って訳でもないですし。
同じ放送局を舞台にしたドラマ『オンエアー』とは全然テイストが違って、あれはあれで面白く観たんですが(でも正直、ああいったキャンキャン叫ぶキャラをソン・ユナがやると、ついつい隣にテジュンとドンヒョクを探してしまう ^^;)
一つ思い当たるとすれば、このドラマの脚本家が『愛の群像』のノ・ヒギョン氏。どこかで氏のコメントを読んだのですが、このドラマはいわゆる「お仕事ドラマ」だけど、若い男女の恋や恋愛の悩み、考え方、仕事の悩みや性の問題もまじめに取り上げて「性的役割を問うドラマ」として仕上げたいというようなことが書いてありました。また「バタバタと働いていても恋はするもの。ドラマだからといっていつまでもリアルな男女関係を描かないで初恋だの初体験だの言ってられない」と、まあ、真っ当なことをおっしゃてました。韓国での本放送は視聴率が良くなかったようですが、こういった作家の思いがどのように表現されていくのか、どんな風にひと味違った韓ドラの世界になっているのか、久しぶりに楽しみなドラマです。
スポンサーサイト
EDIT  |  00:29  |  ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。