2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.01.22 (Mon)

マンガミュージアム

先日「京都国際マンガミュージアム」へ行ってまいりましたので、ちょこっとレポートなんぞを(^^)

最近またマンガを読む機会が増えてきたので、ちょっと行ってきたのですが、さすがに休日は混んでます(笑)大人も子供も観光客もてんこ盛りって感じでしたね。
ミュージアムと名のつくだけあって、マンガがいっぱいあるからといって漫画喫茶(古っ! 笑)やネットカフェのような感じではなく、かといって図書館風でもない。まさにミュージアムという呼び名がぴったりくる場所でした。

廊下の壁沿いにずらーっとマンガが並んでいて、まさに「マンガの壁」。これは中々壮観です。基本的に棚にあるマンガは手にとって読んで構いませんが、20年近く貸し本屋さんをやってらした方からの寄贈分が多いらしく、最新刊が揃っていなかったり、欠本があったり、全体的にキレイではないところは致し方なしかな。
明治時代に建てられた元小学校を利用しているので、天井も高くて、階段や手すりはしっかりレトロな感じを醸し出しいい感じですし、広くはないですが校庭だったところには芝生が敷かれて、お天気がよければそこで寝転がってマンガが読めます。

行った時は「世界のマンガ展」というのをやっていて、世界各国のマンガ雑誌が展示されていて、手にとって読むことができたのですが、そうそう、今観てる『宮』という韓ドラはマンガが原作らしく、それが展示されていたので読んでみました(日本語訳でした)・・・が、正直「絵」は好みじゃなかった(苦笑)ちょっと劇画チックというか、たまに皇太后がパタリロみたく見えたといえば判ってもらえるでしょうか(笑)

まあ、そんなこんなで地上3階地下1階を「マンガの壁」をみながらグルグル回ると、結構な時間がかかります。あちこちにテーブルと椅子やソファーが置いてあるのですが、如何せん混雑時の人数にはとても対応できません。この辺も、図書館というよりミュージアムだと感じる点かなぁ。

入り口にちょっとしたお土産ものコーナーみたいなのがあって、「明日のジョー」や「風と木の詩」(だと思う ^^;)のクリアファイルなんかが「ここだけです!」と書いて売ってます(笑)

入場料500円かかりますけど、マンガファンじゃなくても建物と収蔵物が思いのほかマッチしていたり、レトロな雰囲気が醸し出す味わいを感じるにも一回は行ってもいいんじゃないかと思いました。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:45  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。