2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.12.16 (Sat)

『王の男』を観て

「それより奥は、見てはならない」
人は見ちゃダメと言われると余計見たくなるもの。
で、見ちゃったけど私の中では肩透かしを食らった感は否めない、何ともビミョーな感じです。何を期待していたのかと言われると(^^;)ですが・・・

お話は、
16世紀初頭、朝鮮王朝史上最悪の暴君、ヨンサングン(チョン・ジニョン)の時代。貧しい旅芸人のチャンセン(カム・ウソン)と女性と見まがう美しさのコンギル(イ・ジュンギ)は幼なじみ。巡業の先々でコンギルを金で売ろうとする座長と、コンギルを守ろうとするチャンセン。ついに2人は座長を傷つけてしまいそのまま逃亡してしまう。2人は自分達の芸だけで勝負しようと、都・漢陽を目指す。やがて王・ヨンサングンと愛妾ノクス(カン・ソンヨン)を皮肉った芝居が都で人気を得る。しかしその評判が仇となり2人は重臣に捕らえられ、王が芝居を見て笑わなければ死刑だと言い渡される。王は幼い頃に母親を毒殺され、今でも心に深い傷を負っていた。そのせいか人前で笑ったことがない。
覚悟を決めたチャンセン達は王の前で芝居を披露するが、王はクスリとも笑わない。もはや絶体絶命。そんな時、コンギルの機転を効かせた芝居で王は爆笑し、臣下の猛反対を押し切って彼らを宮廷に住まわせる。やがて2人は宮廷の奥に隠された秘密を知り、ノスクの嫉妬、王を取り巻く重臣たちの陰謀と策略に巻き込まれていく。

まず、しょーもない事ですが・・・最初の頃のポスターって「真ん中に王様、その後ろにチャンセンと王様の肩に手を置いたコンギル」だったと思うのですが、いつの頃からか流し目コンギルが一番前に出てきて、王様が一番奥にちっちゃく配置のパターンに変わってませんか?配給会社の「コンギル(イ・ジュンギ)一押し!」がアリアリと判る(苦笑)個人的には最初のバージョンがこの作品を正しく(という言い方もヘンですが)現していると思うのですが。「コンギル一押しバージョン」を見てこの作品をイメージして観ると私のように肩透かし状態になる確率がグンと増える気がしますが、どーでしょう。まあ、どーでもいいっちゃどーでもいい話で(笑)

あらすじや予告編、あるいは韓国で公開され賞を取ったあたりの記事なんかを読んでいて、私は思いっきりコンギルを巡る「三角関係」に、女ノスクの嫉妬が加わってドロドロ系のお話を期待しておりました(^^;)確かにコンギルは男娼でもあったのかなぁという描写やそんなコンギルを命がけで守ろうとするチャンセン、精神的に幼いというか子供のような王のコンギルに対する執着なんかで「ふんわり匂い」は漂ってくるのですが、どうにも中途半端な感じがしましたし、王の気持ちが他の女じゃなくて男・コンギルにいっちゃったなら、ノスクの嫉妬はもっと激しく深いだろうに、なんだかイマイチぱっとしないし・・・。多分私の一番の引っかかりは、チャンセンとコンギルの関係。固く結ばれた友情の関係だけで、チャンセンはあそこまでしてコンギルを守ろうとするのか?と素朴な疑問を持ちますし、かといって『ブロークバック・マウンテン』のような関係でもなさそうだし、なにより「友情」と括るには年の差が邪魔するだろうと思うのですが、ひょっとして見かけよりチャンセンは若かったりする?(笑)

ん~なんていうか・・・やっぱり中途半端、これに尽きるかと(^^;)文化の違いというか儒教の国だからか?などと思ったりもしますが。大体、王を慰めるのに指人形劇ってのも正直どーかと思いますしね。ラブシーンを見せて欲しかったという訳ではなく、でも、こういった設定の話であれば多分に想像できうる状況だし、なにも直接描写(苦笑)をしなくてもエロティシズムは表現できるし、逆に少し観客が想像する部分を残しておく方が案外よくて、そういう演出っていくらでも出来ると思うんですよね。もったいないなぁ~(笑)

そういえば何処かの記事で、このヨンサングンはあのチャングムが仕えてた王様の異母兄だそうですね!ということは、ラストでのクーデターはチビッ子チャングムが中宗に決断を迫る四本のお酒を持って行った(でしたよね、確か)後に起こったってことか。いや~こんなところで繋がるなんて(笑)

最後にタイトルロールの「王の男」ってともすれば「一押しコンギル(笑)」のことかと思っちゃうんですが、ひょっとしてチャンセンとコンギルを宮廷につれてきて裏で糸引いてたチョソン(でしたっけ?)とかいうおじさんのことを指してるのかなぁ?と思ったりしました。あの時代、男性は髭を生やすのが当たり前だとかで、髭がないと・・・らしいと、何処かで読んだので。そういえばあのおじさん、髭なかったよね、確か。あ~もう、最後まで中途半端です(苦笑)
スポンサーサイト
EDIT  |  01:53  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

そう、年齢差は気になりますよね!
よかった、私だけじゃなくて(^^)。
ホントは年の差ゲイカップルだってたくさんいると思いますけどね…
ってゲイって決めつけているし私…
トモトモ |  2006.12.19(火) 16:29 |  URL |  【コメント編集】

やっぱカップルと見るのが自然なんでしょうかね(苦笑)それならそれで・・・と思わなくもありませんが。

それはそうと、ラストのラストシーンを見て一瞬「夢オチ?」と思いそうになりました(笑)違いますよね???
確か『トンマッコルへようこそ』もこんな感じじゃなかったでしたっけ?はやりでしょうか・・・んなわけない!?
sera |  2006.12.20(水) 00:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。