2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.08.14 (Mon)

『あわれ彼女は娼婦』を観て

今年上半期の最後の観劇は、なかなかヘヴィーで手ごわい演目でした。目の保養には充分すぎるくらいだったんですがね(笑)

お話は
中世のイタリア、パルマ地方。勉学に優れ、人格的にも非の打ち所がないと将来を嘱望されるジョヴァンニ(三上博史)は、尊敬する神父に自分の心を長く苦しめてきた想いを打ち明ける。「妹アナベラ(深津絵里)を女性として愛している」
神父は叱責するが、ジョヴァンニは鎮まらずアナベラに気持ちを伝えてしまう。すると彼女もまた、兄を男性として愛していた。やがてふたりは男女として結ばれるが、幸福な時間は続かなかった。アナベラの妊娠。カモフラージュのために、アナベラはかねてから求婚されていた貴族のソランゾ(谷原章介)のもとに嫁ぐが、ソランゾは彼女の不義を見抜き怒り狂う。そして、お腹の子供の父親が妻の実の兄であることを探り当てる。事態が露見したことを知ったジョバンニのとった行動は・・・。

演出は相変わらず精力的に作品を発表し続ける蜷川幸雄氏。お話がこんなだからてっきりシェイクスピアかと思いきや、ジョン・フォードというお方。シェイクスピアの後輩という位置の方でしょうか?
蜷川氏お得意のシンプルだけど視覚的に訴えかけるセット・・・窓に揺れる白いカーテンや天井から何本も張られた赤い糸が三者三様の気持ちをより効果的に観せてくれます。
けど・・・正直「感動!」とか「考えさせられる」とかそういった感想は持ちにくい舞台でした。近親相姦の果ての一種の心中。重い題材を詩的なセリフで、うまく昇華させてましたし役者の皆さんは物凄く熱演されてたんですけどね。主演の三上氏もいってましたが「何故、今この作品なのか」ん~そうなんですよ、蜷川さん(苦笑)
近親相姦って今も昔もドラマの題材にありますよね。このお芝居は最初から兄妹とわかっていての「愛」劇ですが、ドラマだと、兄妹と知らずに出会い愛し合ってしまった2人が、実は兄妹だったってヤツですかね。ここ最近(?)だとキムタクと深津っちゃんのコンビプラス明石家さんま(笑)の『空から降る一億の星』でしたっけ?あれが確かそうでした。そして最後はこのお芝居と同じ結末だったな。
「純」な「愛」なら何でもありなのかっていったら、やっぱりそれは違うと思うし、でもじゃあ、「愛」を前に何がよくて何がいけない事なのか。そもそも「純愛」って?と私のボンヤリした頭では明確な答えは出てきません。で、そんなこんなで2時間半の舞台が終わりました(苦笑)

三上氏の舞台は多分初見?ドラマで見る「役に入り込んだらピカイチ」の演技力は、舞台でこそその真価を発揮できるようでした。特にラスト、アナベラの心臓を突き刺した剣を手にソランゾと対決するシーンは独壇場だったかと。いや~他の舞台も観てみたいと思いました。再演で評判だったヘドウィックとかね。
深津っちゃん(いつから友達? 笑)の舞台は何度も観てますが、彼女の一番はあの「声」だと思います。スコーン!と響くとてもよい声で、それがこの舞台での詩的なセリフを一層引き立たせてるし、やっぱり巧い。最初は純真な心で、兄を慕い尊敬し溢れる愛情を持っているのだけれど、やがて愛し合いその果てに偽装の結婚。兄との関係がソランゾにばれて、修羅場となるシーンでの激しい言葉のやり取りにも言葉がちゃんとついてる、ん~うまく言えませんが、勢いだけでセリフを流してないっていうか・・・スイマセン言葉足らずで(^^;)

さて、個人的に真打としたい谷原章介クンですが・・・あのね、まんま「貴族」なんですよ~(笑)
中世のコスチュームがバッチリ似合ってもう!!!前半はエンジ色のマント姿。マントを翻して歩く姿があーた!(笑)顔ちっちゃいし、背高いし、声いいしと今回も三拍子そろってました(笑)
スーツ姿にも萌えますが、こういったコスチューム物、イケテます!
出演者が客席の後方扉から出てくることが多かったんですが、タニショーが横を通った時、客席が必ずざわつくんです。それが波のように後ろから前へと(苦笑)今回悲しいかな通路側じゃなかったのですが(中央ど真ん中の席。ホントなら喜ぶ席です)横を通ったタニショーの横顔、鼻が「く」の字だったの!(←意味不明 笑)いや~いいもの観せてもらいました(^^)
演技は・・・タニショーの舞台は以前も一度観ているのですが、格段に巧くなっていると思いました。エラソーですが。ただ、相手が三上氏と深津っちゃんなので、どうしても見せ場的ところが少ないかなと。頑張ってたんですけどね。

あと、これは個人的にとても残念だったのですが、いろんな劇団のベテラン俳優さんも多数出演されていたのですが、どうしてもこういった話し言葉でないセリフ、「セリフセリフ(またもや意味不明 苦笑)」したものを早口でしゃべる時、何か皆さんモゴモゴされるんですよね。カツゼツがどうこうというより、ん~。取りあえず聞き取れないんですよ。ホント、偽医者役の俳優さんの幾つかのセリフはまったく聞き取れなかった。何とかして欲しいもんです。

そんなこんなの、今年の上半期最後の観劇演目。ストーリーや演出云々はちょっと横に置いといて(笑)充分な目の保養がなされて個人的には満足でした(^^)

      2006.8 シアターBRAVA!にて
スポンサーサイト
EDIT  |  23:36  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。