2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.07.21 (Fri)

『ハウルの動く城』って・・・

劇場で観なかった『ハウルの動く城』を先ほどTVでみたのですが、なんと言いましょうか「それ、どうよ!」「えっ?いいのかそれで?」「ちょっとまたれい!(←マルクル口調で ^^;)」と思う場面が多くて(苦笑)

これって公開時にはかなりの評判だったんですよね、確か?
「魔女の呪いで18歳から90歳になっちゃた少女とイケメン魔法使いの恋」っていうストーリー(で、合ってますか?)もさることながら、主人公達の声を倍賞美津子と木村拓哉があてるってのもいいのか悪いのか(笑)
でも、キムタクの声、思いの外ハウルにあってたと思いました。髪の色が変わっちゃって「もうダメ・・・」みたいなところなんか、妙にしっくりきてたし。逆にソフィーの声はちょっと違和感ありかな。

ストーリー・・・ラブストーリーですか、これ?あまりそうは感じられなくて。悪魔に魂を売り、自由でいることを選んだハウルは魔法を使うたびに、よく言えば「黒鳥」ヘンに言えば「カラスの親玉」みたく変化し、心を失っていく。そして、そんなハウルの心を引き止めるのにソフィーは一生懸命行動し(ってこの行動も私には意味不明多し ^^;)挙句ハウルに「あなたを愛してる」と言う。んで、ハウルもソフィーに「愛してる」と言う。言葉は行きかうけど、ん~~どう!(苦笑)てか、個人的には「愛してる」と言わせて欲しくなかったな、と。
だって、こういった呪いを解くのって「愛の力」が定番な訳で、だからそんなあえて言わせなくてもよろしかろう、と思ったり。
いやいやなにより、一体いつハウルはソフィーの事を愛してると気づいた?まあ、ソフィーは最初の出会いから「あ、カッコいい。この人」って思ってたと思うけど(笑)私、どっか重要な場面見落としてます?
戦闘場面も多くありましたが、大体が「何のために戦ってるのか」とか「敵は誰」とかが明確じゃなく、なんかサリマンの一言で終わりにできるってもの、どう?まあ、サリマンは魔法使いの大御所ですから、その辺りはお手の物?(苦笑)

魔法使いのくせに臆病者でいえばへタレなハウル(ファンの人、すいません)が、何故魂を売ってまで師匠サリマンの元を離れたのか?ハウルとカルシファーの取引って一体なんだったのか?マルクルってホントは何者?そして、なにより疑問なのが「かかしのカブ」と「荒地の魔女」の存在理由(苦笑)だってこの2人・・・カブはソフィーを幾度となくピンチから助けたりするけど、最後にソフィーのキスで呪いが解かれ、人間の姿に戻ったはいいけど、あっさり振られておしまい。不憫です、カブ・・・。荒地の魔女も50年前に王宮を追われて、やっとこさ王様に呼ばれて王宮にはせ参じたのに、サリマンの手によってあっという間に魔力も奪われ老婆になってしまう。そして結局はソフィーやマルクル、きっとハウルも手を貸しての介護状態になると予想。不憫です、荒地の魔女・・・。
ラストも18歳に戻ったソフィーと心を取り戻したイケメンハウルが動く城のデッキ(?)でのツーショットだったと思うのですが、それを水晶玉(と決め付けてる 笑)を通してみてるサリマンが「ハッピーエンドってわけね」と呟くのですが、これも若干違和感あり・・・。

というわけで、全編通して「???」が多い今回の宮崎アニメ。
私は宮崎アニメで好きな作品は『天空の城 ラピュタ』と『風の谷のナウシカ』この2本の空飛ぶ「浮遊感」が特に好きなもんで(^^)あと『ルパン三世 カリオストロの城』は外せない!
で、この『ハウルの動く城』もハウルと18歳のソフィーが空中を歩くシーンがありますが、ん~どう!(苦笑)ワクワクもドキドキもしない・・・。
もう一回みたら印象が変わるのでしょうか?観れば観るほど味がでるってタイプなのかなぁ。
何だか支離滅裂な感想になりました(^^;)
スポンサーサイト
EDIT  |  23:44  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

■毎度自サイトの宣伝ですみませんが(^^;)

公開時の私の感想はこちら。
http://www4.ocn.ne.jp/~hspress/diary04wtr.html
このふたつ先の「未来の日記」でDVD購入時の感想も書いています。
これで自分自身の解釈としては落ち着いてしまったところがあって、
先日のテレビ放送は見ませんでした…
まあでも確かにラブストーリーとしては下手なんじゃないでしょうかね。
私も『ナウシカ』『カリ城』が好き。そして意外と『紅の豚』が好きです…

そして今は『ゲド』の出来が激しく不安な私…だって原作と全然設定ちがうし…ブツブツ…
トモトモ |  2006.07.24(月) 16:31 |  URL |  【コメント編集】

■私も同じく。

ジブリは好きなはずなのに、最近はめっきり見ていません。『もののけ』も『ハウル』も…『千と千尋』は見ましたが。でも、『ゲド戦記』はオッサンが主役なので気になっています(何か間違ったものの見方?)。

そんな私も好きな作品は専ら初期のもの。『ナウシカ』と『ラピュタ』、そしてトモトモさんと同じく『紅の豚』がお気に入りですねー。気が合いますね、皆さん(笑)。とはいえ、脳みその足らない私は、内容の詳しいところは忘れがちなんですけども…(汗)。
でも、『ナウシカ』はオススメしたいのはアニメより原作漫画ですね。とか言いながら、毎度アニメ版見ては涙する単純な私なんですけど…(苦笑)。

昔からの宮崎アニメファンは昔の作品の方を好きだと言う人が多いような気がします。最近のがやっぱり大衆受けするのかな?ナウシカとかラピュタみたいな世界観が私は好きなんですけど。あと、未来少年コナンとか…。
あと、『トトロ』派と『ナウシカ』『ラピュタ』派で分かれる感じがしています。
ちィ |  2006.07.25(火) 01:40 |  URL |  【コメント編集】

■なるほどっ!

いやートモトモさんの感想、拝見しました。んで、かなりすっきり(^^)しました。
「ラブが描けてない」確かに、ごもっとも!
「あなたを愛してる」と聞かされても、ホント「なんですとぉ?」と思いましたもん(苦笑)
もう一回観て、脳内補完すべきでしょうか・・・でも、それなら「ナウシカ」観たいなぁと思う私(^^;)ってあかんやん!
sera |  2006.07.26(水) 00:43 |  URL |  【コメント編集】

■またもや好みが(笑)

ちィさんもですか!「ナウシカ」と「ラピュタ」好き☆
何だかタニショー萌えと似てますね、この展開(笑)

私は「トトロ」がダメで・・・嫌いじゃないけど、興味が沸かないんですよね。でも「トットロ~トットロッ♪」とここだけは歌える(苦笑)

宮崎アニメと名がつくと、何となくありがたがるような最近の風潮にはやっぱり「?」で、つい昔の作品を選んでしまう私です(^^;)
sera |  2006.07.26(水) 01:01 |  URL |  【コメント編集】

■好みが似てますね~(笑)

そうそう!
私も「トトロ」は別に嫌いじゃないけど、好きな作品として挙げることはないです。
結構周りに聞くと「トトロが好き!」って言う人多いように思うんですけどね~。「トトロ」で初めて興行的に成功して宮崎アニメの認知度も上がって日本を代表するアニメの地位を確保したように思いますが、やっぱり元からのアニメ好きとかだと「ナウシカ」とか「ラピュタ」好きな人のが多い気がしますね。まぁ、大衆受けしてしまったことで、かえって昔からのファンが反発しているという構図もあるような気もしますが(苦笑)(<私だけか?)。

宮崎アニメというだけでありがたがる風潮…分かります。まぁ、絵はとにかく素晴らしいし出来も常に一定のクオリティに達していると思うので、素晴らしいアニメであるのは間違いないとは思いますが。
ちィ |  2006.07.26(水) 23:44 |  URL |  【コメント編集】

■やっぱり見なかった(^^;

先日、ハウルに続いてやってましたね「トトロ」(笑)朝、テレビ欄で「あ、やるんだ」と気がついて、でもやっぱりスルーしちゃいました(苦笑)ダメですね~。ちィさんは観られましたか?

宮崎監督はアカデミー会員を断った理由に「何本も対象作品を観なければならなくなり、創作活動の時間が無くなるから」と言ったとか。
まだ創作意欲はあるようですので、是非とも「ナウシカ」や「ラピュタ」を超える作品を、また創って欲しいと思います。

そうそう「ゲド戦記」なんだかビミョーな評判ですよ・・・公開初日はどのシネコンも完売(席)状態だったらしいですけど。

もひとつ、そうそう(笑)友達が録画してた「トップキャスター」のdvd観ました!もうね、第二話で早くも萌え~な雅人と春香(笑)でした。
2人以外はガンガン早送り(←何か間違った見方?)
sera |  2006.08.01(火) 00:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。