2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.07.18 (Tue)

『DEATH NOTE』最終話読み終わり!

『DEATH NOTE』の最終話12巻が発売され、友達が貸してくれました。ありがと~!

が、せめて10巻くらいから借りるべきだった(泣)あれから月日は経ち・・・ちょこちょことエピソードを忘れてて、え~高田女史っていつの間にデュークと取引してたの???とかね(笑)

詳しくは書きませんが、最終話としての話の持っていき方はあれで正解だと思います。正解っていうのもおかいしですね。ん~あれしかない、かな?
新世界の神となるべくノートを使って君臨してきたキラ=月(ライト)が最後に、ほんとフツーのそこいらにいる若者の感情を出してしまう。どうせなら、最後まで冷酷なキャラで押し通して欲しかった気もしますが、逆にそうじゃなかったから多少の救いはある?かな・・・ビミョー(苦笑)

「キラ=夜神月」と「N=ニア」の直接対決は、なかなか読み応えがありました。キラに素顔をさらしてしまうことで、確実に自分が不利になる。でも、ニアは殺されてしまったLの後継者としての自負や自らが思う正義をもって、キラとの直接対決に臨む。いや~この辺りはページをめくる手が早かったですね(^^;)

でもこうして読み終えると、個人的にはやっぱり初代「L」がライトと対決していた辺りが面白さのピークだったかも知れません。どうも、第二部になってからはやたら代弁者的な登場人物がわらわらと出てきたりノートも複数あったりして、読んでいて落ち着きませんでした、はい。

それはそうと、映画版の『デス・ノート』は原作とは違う部分が多いらしく、それはそれとして楽しめるような感じですね。観てないけど(苦笑)私は映画版よりも、もう一度全巻借りて読み返してみたいと思います。だって、忘れてるとこ多いんですもん(←脳の老化かと ^^;)

スポンサーサイト
EDIT  |  00:33  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。