2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.03.29 (Wed)

最後もやっぱりジャスティスかと

さ、ようやく最終回を迎えました『輪舞曲』。今までも本筋(が、あったのかどうかすら疑問ですが)とは全然関係のないところに興味を持った私なので、当然ながら今回も(笑)

ジャス!あんたいつの間に彼女を見つけてもらったのよぉ~。あ、私、ジャスティスを雄だと思ってますが違いますか?それにしても相変わらずユナには懐いてないよねぇ(笑)まあ、急にじゃれ付かれてもかえってビックリですけど。

ところで最終回、この期に及んでというかここまできてしまったからこそとも言えるかと思うのですが、ストーリーは究極にグダグダで正直カットが変わるたんびに突っ込めてしまうお粗末さだったかと。日本経済を壊滅させるサイバーテロって、winnyも真っ青って感じ?
大体そろいも揃って誰にも気づかれずにビルに入れるって・・・風間ホールディングスのビルってどれだけ秘密の抜け口あるんでしょうか?どこもかしこも違法建築?

一番ひっくり返ったのは宋が琢己に言った「godを反対から読めばdog・・・」はい?これも「龍一郎=神」で仕える自分が「犬」で、龍一郎が捕まった今は黒子の自分(狗)が神だといいたいのかと思うのですが、それにしてもなあ(笑)あっ!わかった!そんな関係の二人がつくった組織だから「神狗」?・・・疲れる。

1,2話の映像の見にくさも視聴者の声が多少なりとも届いたのか若干(苦笑)改善された後半、今度はやたらストップモーションが多用されたように思うのは気のせい(画面は暗いままだけど 苦笑)どうしてもスタイリッシュさ(?)が捨てられなかったのでしょうか?

そうそう3話だったか神狗の偽札つくりに利用されていた印刷工の父親と無邪気に「歌って!」という息子の、それまでとは多少肌合いの違う父子愛のストーリーが挟み込まれて「あれ?」と思ったのですが、見ると演出が生野慈朗さん。生野さんは「男女7人夏物語」とか「愛しているといってくれ」「ビューティフルライフ」を演出してきた私の中では(というか多分世間的にも)「恋愛モノなら生野さん」という人なので、生野さんが演出チームにいるなら琢己とユナの「ラブ」が後半のメインか?と期待したのですが・・・あれれ?生野さーん!!!

最初は「えっ?これってインファナルの焼き直し?」と思い、ながら見状態で始まった私の『輪舞曲』視聴ですが、ちょっとは期待する部分もあったんですよね。ほんというと。
チェ・ジウやテファ兄(もうこれで通します 笑)が製作スタイルも習慣も違う日本の連ドラに出演して、どんな一面を見せてくれるのか?というかどんな風に彼らを使うのかというまあ、ありきたりな期待ではあったのですが・・・。そうそうストーリーには関係なく(えっ?)テファ兄は回を追うごとに存在感がでて、最後死んじゃうシーンもセリフは無いけど表情だけで完全にシーンを持っていっちゃってたのはさすがです、テファ兄ちゃん!ファンが増えた気がする。

公式HPでこの作品のプロデューサーが書いているのですが「僕達の世代だからできるフランクな関係のドラマがあるのではないか。過去は絶対に変えられないけれど、未来は僕達がつくることができるはず。だから「腫れ物にさわるような」企画ではなくフランクな関係だからこそできる企画にしたい」
思いはわからないではないし、やりたい意味もわかります。キャストに日本人と韓国人俳優。ストーリーもラヴを絡めて(って絡まってなかったけど 笑)どちらか一方がどうという形ではなくて、お互いが未来に向かって手を繋いでいけるドラマ。
まあ、ラストシーンはその辺りの意図が出て・・た?って個人的には琢己が生きててビックリだったけど(笑)
普通死んじゃってるでしょー!

でも、実際は「実は韓国人だった」「実は君は日本人だった」とか「この国はのん気すぎる。痛みを知るべきだ」などと言わせておいて血の繋がらない娘の最後の情に足元をすくわれて(改心)命を落とす宋・・・何か違うと思うんですよね~。モノを創る時に核となるもの・・・「思い」は必要だけど、このドラマはこの「思い」に必要以上に縛られて結局ウダウダになった?巧く言えませんが・・・。

妹の治療の為に日本に来たユナはバイオリニストを夢見ている。ある夜、バイト先でいざこざに巻き込まれたユナは客の琢己に助けられる。壊れたバイオリンを手に途方にくれるユナ。数日後、琢己は自分のバイオリン持って店に現れ「こいつをちゃんと歌わせてやってくれ」といってバイオリンをユナに差し出す。驚くユナは・・・てな感じて普通にベタなラヴ1本でいった方がよかったんじゃなかろうか(笑)と今更ながらに思ったりする私でございます。
スポンサーサイト
EDIT  |  00:45  |  ドラマ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

■貫きましたね

クダクダ感を・・・(苦笑)
seraさんのツッコミを楽しみにドラマを見てました。
ティファ兄ちゃんの魅力だけは褪せなくて良かったです。
「神狗」の名前の由来より気になること、たくさんありましたよね(^^;)
llilyより |  2006.03.29(水) 11:01 |  URL |  【コメント編集】

■ありすぎて

llilyさん、こんばんは☆

おっしゃるように突っ込むところというか、明らかに「おかしいでしょ、それ!」ってところが多すぎ(苦笑)

でも確かこのドラマってアジア各国に配信が決まっているんではなかったでしたっけ?
いいのか?これを出して!と、小一時間(笑)の気分です。
sera |  2006.03.31(金) 00:47 |  URL |  【コメント編集】

■バイオリン…

最後も出てきませんでしたね…
『チェ・ジウ版101回目のプロポーズ』で
チェリストをやっていたこともありますが、
「今度はバイオリニスト? ステキそうじゃん!」とか当初思っていたのになあ…

バイオリンを手にユナの元を訪れたタクミ。
彼もまたかつては演奏家を目指していたが怪我で云々…とかどうかしら(^^)。
私たちでよければ別ストーリー作りますよね!
テファ兄はカリスマ指揮者とかの役でのちにユナの才能を見いだして横恋慕して…とかどう?(^^)
トモトモ |  2006.03.31(金) 15:18 |  URL |  【コメント編集】

■ではご一緒に!

いくらでもアナザーストーリー作れますよね(笑)
大体バイオリニストである必要、あ、違う!バイオリニストに憧れている(^^)という当初の設定の必要性が何処にあるのか!私、どれもこれも小一時間いけます(笑)

それにしてもテファ兄が「なかなかヤルやん!」と出演者中一番おいしかったのではないでしょうか?それくらいないとねぇ~。
sera |  2006.04.02(日) 00:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。