2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.02.19 (Sun)

『クラウディアからの手紙』を観て

「人の不幸の上に自分の幸せを築くことなんてできない」

このお芝居はある一組の日本人夫婦と1人のロシア婦人の身に起こった辛く悲しく、けれど奇跡の実話をもとにしたものです。
映画で『ひまわり』ってあるじゃないですか?大筋設定は似ていますが、結末で主人公のとった行動は違うけど。

お話は・・・
1945年の終戦を朝鮮で迎えた民間人の蜂谷(佐々木蔵之介)は旧ソ連軍にスパイ容疑をかけられ、シベリアの強制収容所に送られる。仲間が次々と帰国していく中、刑期を終えても1人帰国を許されない蜂谷。そんな中、似通った人生を送ってきたクラウディア(斉藤由貴)と知り合い、やがて結婚。ロシア国籍を取得し、つかの間安らぎの時間が過ぎていく。いつしか50年の月日が流れるが、日本で待ち続けた妻久子(高橋恵子)と連絡がとれ蜂谷の帰国が可能になる。望郷の念は募るけれどクラウディアを1人残してしまう事に躊躇する蜂谷。そんな蜂谷にクラウディアは言います。
「人の不幸の上に自分の幸せを築くことなんてできない」

蜂谷役の佐々木蔵之介の舞台は初めて観るのですが、背も高いし滑舌も悪くない。とても舞台栄えする役者さんです。って、そりゃそうでした(笑)その昔「惑星ピスタチオ」の看板役者だったわ・・・
ただ、事実としては「蜂谷」がメインなんでしょうが、この舞台では圧倒的にクラウディアが、斉藤由貴が光ってました。最近あまり演じているところを観ていなかったのですが、流石というか、巧い。
高橋恵子も耐えて待つ女の強さが感じられて、こちらもある意味安心して観ていられました。

実話を元にしているだけに、一つ一つのエピソードが心に重く圧し掛かってくるのですが、ただ、演出がわかりづらいところもあって、個人的にはそこが惜しかったかな。上演時間も三時間は長い(苦笑)
要所要所にダンスシーンのようなものが入ります。決してミュージカルではなく、ホンの少し挟み込まれるのですが、これが何ともビミョーで(苦笑)ストレートプレイに徹した方がよかったのではないかと思いました。

あと、ラストに実在の蜂谷氏と久子さんが再会したときの映像が流されるのですが、どんなものでも本物、事実にはかないません。この映像を流す事によってそれまでの芝居が霞んでしまったのではないかと。少なくとも私はそうでした(^^;)

「人の不幸の上に自分の幸せを築くことなんてできない」
誰もがこの思いを持っていたのなら、争いはなくならないのでしょうか?今の世界ではそれだけではダメなのかもしれないけれど、でも少しの力にはなるんだと思いたいし、信じたい。そんな事を帰り道につらつらと考えました。
スポンサーサイト
EDIT  |  21:42  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。