2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.06.26 (Sun)

『甘い人生』を観て

スタイリッシュで細身のスーツに身を包み、立ち振るまいがビシッと決まっていて、メガネこそかけていないけれど煙草をはさんだ細い指がグッとくるけど・・・萌えない!なんで~?(笑)別にいいんですけどね。

イ・ビョンホンが自身の「代表作」と言っている『甘い人生』。ずいぶんと遅くなりましたがやっとこさ観てまいりました。
見終わった時、何故かリンカーンの言葉を思い浮かべました。
「ビョンホンのビョンホンによるビョンホンの為の映画」
これは決して非難しているのではなく、彼のある一面を余すところなく表現した「代表作」だと思います。ええホントに。

頭が切れて情に溺れない冷静沈着なソヌ(イ・ビョンホン)は、社長であり裏社会を仕切るボス・カン社長(キム・ヨンチョル)の絶大なる信頼を得て7年でホテルクラウンのマネージャーに上り詰めた。
トラブルがあってもテキパキと「処理」をするソヌ。ホテルのスカイラウンジでガトーショコラを食べ、エスプレッソに砂糖を1つ入れて飲む。そんな彼の約束された人生がある日破滅へと転がり落ちていく。

カン社長には若い愛人・ヒス(シン・ミナ)がいます。彼女の浮気を疑う社長は、ソヌに自分の出張中のヒスを見はらせ、男がいるならカタをつけるか自分に連絡するよう言い渡します。案の定、ヒスには男がいてソヌは2人がいる現場に踏み込み男を痛めつける。肩を震わせ男を庇うヒスを目の前にして、ソヌはボスに連絡しようとします。けれど出来なかった。
ソヌはヒスに恋したのか?
ソヌがヒスに呼び出されて食事をし、チェリストであるヒスのレコーディングをブースから見るシーンがあります。演奏が始まる前、背後の譜面台が倒れて、まるで銃声のようなその音に一瞬身をかたくするソヌ。彼の生きてきた世界がそこにあります。一方、チェロから奏でられる美しく哀愁を帯びたメロディーは、ソヌが今まで知り得なかった世界を見せます。こんな世界があるんだ。
ヒスは今まで社長や自分の周りにいた女性とは、まるでタイプは違ったのかもしれない。ソヌを「おじさん!」と呼び、若い事になんのてらいもなく、ある種無防備なヒスを、ソヌは自分が気付かないだけで興味を持っていたのかも知れない(ってことは恋じゃん!苦笑)でもソヌは始めて知ったこの世界を、気付かぬうちに微笑んでしまっていたこの穏やかで柔らかい世界を、ただホンの少し大切にしたかった。その案内人になるヒスを生かしておきたかった。ただそれだけ。恋じゃない。私はそう思います。

冒頭の「揺れているのは柳の枝でもなく風でもなくお前の心だ」という禅問答のようなモノローグ。この物語で揺れていたのはソヌの心と言うよりは「カン社長の心」だと思うんですけど・・・
「年を取ると忍耐がなくなる」と社長はいいます。人生の残りの時間が見えてきて、焦り・不安・孤独、そして若さへの嫉妬。社長は何度もソヌに問いかけます。「あの女にほれたのか」そう問われる度にソヌはますます訳がわからなくなり結局沈黙で答えてしまう。どんな時も信頼を寄せていたソヌのこの態度が、社長の心を揺らせ続け、引き返せない破滅への道へ突き進ませてしまった。可愛さ余って憎さ百倍って感じ?ですかね。

クライマックスのスカイラウンジの銃撃戦。
正直、何もそこまでやらなくても・・・と思いながら見てました。だって撃たれても撃たれても不死鳥のように立ち上がり反撃するソヌ。ま、弾がマトモにあたってないってのが理由かとは思うんだけど(苦笑)
ここでソヌは社長と向き合い聞きます。「何故あんな事をした!あんたの下で7年もの間、犬のように使えて働いてきたのに。何故だ!」
自分が制裁され死に追い詰められた理由が最後までわからないソヌ。
社長にとってはヒスは単なるきっかけ(だからヒスは妖艶な大人の女風じゃなくてシン・ミナで正解だと思ってます)。今となってはソヌ自身が自分の心を揺らし続け、不安や焦りを増幅させる。だから始末したかった。でもそれを認めることはプライドが許さない。だから最後まで聞いたんだと思います「あの女にほれたのか」と。この受け取り方、ダメ?(苦笑)

ソヌは薄れゆく意識の中で思いだします。全てが巧くいっていたあの頃。ソウルを一望するスカイラウンジでガトーショコラを食べ、角砂糖1個入れたエスプレッソを飲む。気分がいい。ガラスに向かってシャドーボクシングをするソヌ。ガラスに写るソヌは自信に溢れて、手に入れられないものなどない。けれどガラスに向かって打ち込んだジョブは自らを打ち砕いてしまった。
エンドロールの後、スカイラウンジのプレート「La Doice Vita(甘い生活)」は銃声の音と共にくだけ散ります。
最初からそんなものなんてなかったかのように・・・

こんなところでしょか。この映画を見ての感想。って感想になってないかも(苦笑)裏社会の暴力一辺倒だけじゃなくて、適度に笑い所もちりばめて(ソヌと銃密売人とのやり取りとか)あったし、うん、笑わないクールなビョンホン氏もよかったですよ。萌えないけど、ってしつこい!(苦笑)

ただ、ラストのワンシーンがちょっとわからない。意識が薄れていくなかでソヌはヒスの携帯を呼び出します。力を無くした手から落ちる携帯からヒスの声が聞こえます。ソヌは何が言いたかったんでしょう。「赤いスタンド気に入った?」かなぁ?
となると、私が否定した「恋心」があったことになる?あれ?(笑)
そういえば宣伝も「人を愛したことのない男が命がけで愛する者を守る」って感じで「愛」を前面に押し出してましたが、違うと思うんだけどなぁ・・・と最後までブツブツ言ってます(笑)


スポンサーサイト
EDIT  |  22:59  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

TBありがとうございました。
シン・ミナのキャスティングは実は正解、というの、うなずいちゃいましたですよ~
総じて近い感想を抱いているようなので、自分でも安心しました(^^)。
ビョンホニー萌え萌えの方はまたちがうのかもしれませんけれどね…
トモトモ |  2005.06.28(火) 13:26 |  URL |  【コメント編集】

トモトモさんちにTBしたとき、コメントしようとしたけど何故か文字化けしてしまい失礼しました。
結構「シン・ミナ ミスキャスト」意見が多くて、逆に意外でした。究極に言ってしまえば、このストーリーに「女」はいらないとも言えるかなとも(究極ですが)思う私です(^^;)
sera74 |  2005.06.28(火) 23:14 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。