2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.06.05 (Sun)

『最悪な人生のためのガイドブック』 を観て

タイトル長っ(苦笑)で上演時間も長っ!休憩はさんで3時間10分・・・
正直、もう少し短くできる内容のお芝居だと思うんですけど。どーでしょう???

お話は・・・
42歳でフリーターのドイッチ(川平慈英)は「会社や未来に縛られるなんてゴメン」という信念のもと、ピザ・アミーゴでアルバイトをしている。ある夜、女性誌ライターのアベコ(キムラ緑子)の部屋へピザを届けに行ったところ、ちょうどアベコは不倫相手のマキ氏(草刈正雄)と電話で別れ話の真っ最中。成りゆきで新しい彼氏になったドイッチ。そこから、バイト仲間のオノッチ(森山未来)とオノッチの彼女のキヨッペ(堀内敬子)、アベコの親友トリコ(三鴨絵里子)など周りを巻き込んでの騒動の行き着く先は。

といった「ミュージカルコメディ」なんですが。
しかし・・・ミュージカル、か?と個人的にはちょっと疑問も付いたりします(苦笑)
踊りがしょぼい(あくまで個人的感想です、はい)から川平さんも森山未来君も踊れるハズ!なんだけど、踊り切れてない・・ように見えたりして。んで、歌は出演者はもちろん歌うけど「トライトーン」というアカペラグループが、要所要所で「歌説明」される構成はさすがに聞いていて楽なんですが、ちょっとクドイ部分もあったりして(説明の説明になってる所とか、ね)

で、内容・・・「人から見たら最悪な人生だけど、でも自分にとっては最高の人生だし、そのために自分だけのルールを見つけたい」というドイッチのセリフがあります。
「何青臭いこと言ってんの!」とちょっぴり心の中で突っ込んでしまう私(だから未だに・・・えっ?苦笑)なので、結構気持的にダレる部分があったのは事実です。
人は生きていくうえで、いろんな選択をしなければなりません。その時その時、精一杯考えて、後で振り返ったらひょっとしたら間違っていた選択になるかもしれないけれど、それでもやっぱり選んで前へ進んで行かないといけないと思うんですよね。

ドイッチは42歳の今まで「自分探し(あえてこう言います)」のために、いつも答えを出さずにやってきた。オノッチのセリフを借りるなら「決めない勇気」だそうです。でも、これって「答えを先延ばしにしている」ことで「決められない弱さ」じゃなかと思うんですよね。自分のことは棚にあげて(だから未だに・・・苦笑)エラソーですが。
迷っても悩んでもそれでも「選ぶ勇気」を持つ大切さ、そして、そうやって選んだものの積み重ねが「人生」なんだと改めて考えさせられたミュージカル?って変なまとめ方(笑)

出演者は、もう観客は大方が「森山未来」目当てと見た!
だって彼が踊ったり、歌ったりすると会場の空気が舞台に集中する感じがした(って私、超能力者?)ホントです!一緒に行った友達は完全にそうだった(^^)
個人的には一番の収穫は「草刈正雄」さんでした(笑)いや、改めて舞台映えするんだぁと感心しきり。「華」ある人って感じでしたね。登場すると一瞬でそのシーンをさらっていった!他の出演者が割と身長低めだったからか、すらっと長身で小顔、若干オーバー気味ですがコメディな仕種が凄く映えて、ええ良かったです。
あとは・・・トリコ役の三鴨さん。私は初見の人だったんですが、アニメ声なんだけどアベコに対してはしっかり者のキャラがぴったりで良かったな。
そうそう主役のドイッチ役の川平慈英。サッカー中継のテンションのまんまです(笑)彼を最初に見たのは確か亜門さんのShowStopperシリーズ「J・キャグニー」だったかと。あの時もテンション高くて「この人何?」と思って見てた記憶がある(笑)全然変わってませんね。というか、もう「キャラ」として確立してるかと。

長かったり、ちょっとクドかったり(失礼!)したけれど、劇場を出たあと自然とメロディが口ずさめたのは、うん、楽しめた証拠ですね、きっと。
スポンサーサイト
EDIT  |  19:49  |  映像・舞台  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

私はこの舞台は見ていませんが、森山未来は好きですね(^^)。
『BAT BOY the MUSICAL』を観ました。よかったですよ。
草刈さんは昔々、『アンネの日記』でお父さん役をやっていたときに
号泣した記憶があります。ヒロインは奥菜恵。
宝塚時代に好きだった娘役がお姉さん役をやっていて、それが目当てで行ったんですけど(^^)。いい舞台でした…
トモトモ |  2005.06.09(木) 13:03 |  URL |  【コメント編集】

トモトモさんもお好きですか、未来クン(^^)
本当に彼目当ての観客が多かったです。ちょっとビックリ。
そんな中「助けてください~!」って自らパロディにもって行くかと、ちょっと期待してしまったイケナイ私です・・・(^^;)
でも、冗談抜きでこれから益々期待が持てる若手俳優だと思います。
sera74 |  2005.06.10(金) 00:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

最悪な人生のためのガイドブック

38才、不倫中の阿部子。不倫相手との別れを決意し電話した直後にピザ・アミーゴから......
2005/06/12(日) 13:48:00 | GBE Stage Re..
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。