2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.05.30 (Mon)

『スカーレットレター』 キツくて哀しい・・・

【緋文字】(The Scarlet Letter)
神の道に背いた者が見せしめに胸に縫い付けられる大きな真紅「A(Aduitery姦婦)」の文字を指す。

『甘い人生』と『スカーレットレター』
同じような開始時刻。さて、どちらを見ようかとしばし思案の後、何となくバイオレンス系を避けたい気分だったので、こちらを選んだのですが・・・

本編が終わりキャストクレジットが出始めると、私は即座に席を立ちました。それ程正直この映画、私にはキツかったです。「つまらなかった」とか「役者が全然ダメだった」とかじゃなく・・・ストーリーは決して目新しいものだとは思わないし、描かれている殺人事件の犯人にしても、最後に明かされる主役3人の本当の関係にしても驚きはありません。でも・・・

エリート刑事のギフン(ハン・ソッキュ)はチェリストの妻スヒョン(オム・ジウォン)を愛してはいるが、スヒョンの同級生(これが最後に効いてきます)でジャズバーで歌手をしているカヒ(イ・ウンジュ)と不倫関係にある。愛して結婚したのはスヒョンだけど、学生時代に先に出会っていたのはギフンとカヒの方。
ある日、写真館の主人が殺された事件を担当することになったギフン。彼は被害者の妻キョンヒ(ソン・ヒョナ)と関わることになってから、彼のスヒョクへの、そしてカヒへの愛がどうしようもない迷路に入っていく。
スヒョクの妊娠・カヒの妊娠。誰が誰を愛しているのか。ギフンはスヒョクと子供の為に一度は捨てようとしたカヒを、それでもどうしようもなく愛していることに気がついた時から、愛の均等が崩れ、ギフン・スヒョク・カヒそれぞれが破滅への道を転がり落ちていく。そして衝撃的な結末。

撮影に三日間かけたというクライマックスの「トランクシーン」
ほんの少しいつもと何かが違った。ギフンとカヒは湖畔に止めた車のトランクに閉じ込められてしまいます。身動きすることすらままならない狭い空間で、人間の、愛の罪がどれほどのものなのかがこちらに突き付けられているようでした。

愛していれば全てが許されるのか・・・
確かに1つの愛の極限の状態であろうシーンだとは思うけど、こういった表現でしか「愛すること」つまりは人の「原罪」を表現できなかったのでしょうか。
監督がここまでこだわった理由が判らない。
見ていてこちらの神経までキリキリしそうで、それで何ていうか・・・そう、むせかえるような血の匂いがこちらにも漂ってくるような錯覚に陥って・・・私はダメでした。
これから見ようと思っている方は、少なくとも精神状態がベストな時の観賞をお勧めします、いやホントです。

何か書くのもしんどいって感じですね(苦笑)

ハン・ソッキュさんは、妻と愛人との間を上手にいったりきたり(してるつもりです、実は)する、妙に自信家ぶったエリート刑事、サスガに巧いと思いますし、例の「トランクシーン」にしても「観客に地獄を見せるつもりで挑んだ」といったとか。
ええ、有言実行ってやつですね。
「二重スパイ」以降2年ぶりに本作品でスクリーンにかえってきたけれど、ん~今後どうなんでしょうね。心配です。

そして・・・私はイ・ウンジュさんの作品を見たことがありません。(ブラザーフッドもバンジージャンプも未見です ^^;)
この映画の前半、彼女は本当に魅力的だったし、カヒという女性を余すところなく演じていたと思います。特に最初の登場シーン。舞台でジャズを歌っている彼女はアンニュイでそれでいて笑顔も可愛くて思い返してもホッとします。「若いけどいい女優さんだなぁ」素直にそう思いました。

残念なことに、彼女はこの映画を撮った後、自らの命を断ってしまいました。この映画が遺作となってしまった為、それこそ原因がこの映画にあるような報道がなされていました。確かに、ベッドシーン1つとってもかなり激しい描写ではあるし(とは言ってもハリウッドのようにあからさまではありません)思い悩むことも多かったであろうことは想像できます。
またクライマックスの「トランクシーン」を演じたことで、現実と役の狭間から抜け出すことが難しくて精神的に辛い思いをしたのかとも思います(見ているだけの私ですら相当キツいのだから)

でも、どう思い返したところで本当の理由なんて誰にも判りません。ひょっとしたら本人にも判らないことなのかも知れません。けれど、1つ判っていることは「イ・ウンジュ」という女優さんの新たな姿を2度と見ることはできないということ。
これは本当に残念なことだと、改めて思いました。
私は遅くして彼女を知りましたが、今、彼女の魂が安らかであることを祈ります。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:37  |  映像・舞台  |  TB(2)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

イ・ウンジュさんがなくなる直前に永遠の片思いを見て、他の作品もみたいなぁって思っていたところにあの訃報を聞いて、結構ショックでした。スカーレットレターは頑張って撮った映画だから、見てみたいなぁとも思うのですが、かなりきつそうだなぁって思ってたところです。
そうですかぁ。もうすこしわたしの心が落ち着くまで、待った方がいいですね。きっとまだ見る時期じゃないかもしれませんね、私の場合は。
何度も言うようですが、本当にすてきな女優さんなだけに残念ですよね。
ururunBYJ |  2005.05.30(月) 23:01 |  URL |  【コメント編集】

映画のブログでも「見終わってしんどかった」という意見が結構あったので、ん~どうでしょう(苦笑)
なかなか人には進めづらい映画だと思うのですが、機会があればご覧になって下さいませ。案外DVDの方がいいかも・・・
でも、本当にイ・ウンジュさんは良かったので余計に亡くなったことが惜しまれます。
sera74 |  2005.05.31(火) 21:50 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

スカーレットレター鑑賞しました。

スカーレットレター...イウンジュさんの遺作となってしました。追悼の鑑賞をしてきました。心よりご冥福をお祈りします。2005年2月22日私も訃報を聞いて、ショックでした。最近ようやく立ち直りかけてきてます。これから少しずつ、ゆっくりと、イウンジュさんの出...
2005/06/05(日) 15:45:00 | 韓ドラのたまり場

『スカーレットレター』を観て

 実は私は『シュリ』がどこがおもしろいのかよくわからなかった…という人間でして、...
2005/06/03(金) 14:37:00 | トモトモのヨンヨン日記
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。