2009年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.04.30 (Thu)

表現力という呪縛

今ひとつ開催する意味も位置づけも個人的にはよくわからなくて(まっ、私ごときがわかろうがわからまいが関係ないでしょうけど 笑)、斜め見してた「世界フィギュアスケート国別対抗戦」。
その対抗戦なるものが終わり、ついでにシーズンも終わってしまい、今更ですが(苦笑)つらつらと感想なんぞを書いときますね。多分オリンピックシーズンになったら、今の私の感想が「ほらぁ~!」になるか「こらぁ!!」になるか(^^)

まず・・・何だか「WBC2連覇の勢いを今一度!一気に頂点目指せ~」みたいなTV放送だったので、ホントにこれで初代王者?になってたら、マスコミに煽られ、オリンピックまできっと大いなる勘違い状態が続いていたんじゃなかろうかと思うんですが、どうでしょう(苦笑)
きっちり今の実力というかレベルでは妥当だろうと思われる順位に落ち着いた、と、ど素人は思ってますが、この感覚大丈夫?(笑)まあ、女子はそれこそメダル獲得もアリだと思いますが、男子やペア、アイスダンスは正直まだまだ世界の背中は遠いよなぁ・・・と改めて思わされもしましたし。

で、女子。
以前ここでも書いたかと思うんですが、私は「アーティスティック重視派」です。観客に感情を伝えるには余白、ノリシロみたいなものが必要。表現者のその余白に観客は自分の感情を合わせることで、喜怒哀楽は何倍にもなって伝わる・・・と思ってます。要は何が言いたいかというと、このままケガもなくオリンピックイヤーを迎えられたら、浅田選手とキム・ヨナ選手がメダルを賭けてリンクで対戦することになるでしょう。ジャンプの大技と圧倒的な表現力のさあどっち、みたいな(笑)
あっ個人的には安藤選手が何だか上昇気流に乗っかってバンクーバーの台の上にストンと降りてきそうな気がする。台ってなんの(笑)

話もどって・・・今のところ「表現力」といわれる部分では、キム・ヨナ選手はほぼ完成の域に達していると思うし(逆にいうと、これ以上の伸びはないかな・・・と思う。素人考え ^^)周りを見渡しても抜きん出てますしね。浅田選手は確かに年齢と共に細やかな感情を曲に乗せて表現することはできるようになってるとは思いますが、一方で飛ぶ事に対しての欲は絶対なものがあって、なかなかその辺りが上手くかみ合ってくれないようですね。(上から目線&素人考え ^^)トリプルアクセルは決まればでかいけど、そうじゃなければってところがどうしてもあるから、やっぱり少しでも表現力を磨いてカバーする、あるいはさらに加点を目指すってのは当然ちゃ当然。
そこで「表現力」なんですが・・・ちょっと今日はここまで、すいませんっ!(^^;)
スポンサーサイト
EDIT  |  23:13  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。