2008年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.08.22 (Fri)

『五右衛門ロック』を観て

久しぶりの新感線でタイトルロールが古田新太とくれば、見えるはお祭り気分でロックな舞台!煮えたぎる釜の中から電飾キラキラのタイトルが釣り上がってくる様は、期待充分・・・暑すぎる夏を逆に暑さでスカッとさせてくれて、いや~いい暑気払いとなりました(笑)

お話は、
稀代の大盗賊「石川五右衛門(古田)」は、三条河原で釜茹でにされようとするその時、手下たちの助けでまんまと逃げる。盗賊稼業から足を洗うつもりが真砂のお竜(松雪泰子)や武器商人ペドロ・モッカ(川平慈英)らの思惑に乗せられたのか乗ったのか。秘石「月生石」を求めて南の島タタラへ乗り込むはめになる。そんな五右衛門たちの前に立ちはだかるはタタラを支配するクガイ大王。母の仇とクガイを狙うカルマ王子(森山未来)や五右衛門をどこまでも追いかける役人・左門字(江口洋介)までもが入り乱れての騙し騙され大混乱。秘石「月生石」の本当の秘密とは。クガイが命を賭けてまで守ろうとしているものは何なのか。島の奥深くに掘られた洞窟で五右衛門が見た真実とは・・・

タイトルや登場人物から想像すると、この劇団特有のネタ満載かつ真剣におバカやっちゃいます的な作品と思いきや、結構マジメでシリアスな問題もさりげなく混ぜてなかなか見ごたえある作品に仕上がってます。「月生石」は長く摂取していると従順な「害」の無い人格になってしまう、そんな中毒性のある物質(大麻のようなもの)として表されています。それを奪い他国に売り渡そうと画策する者達と、力で持ってたとえ人を殺めてもそれを阻止しようとする者、クガイ。先住民ホッタル族を通して、そんな戦いの愚かさを見せるところはなかなかどうして、中島さん(座付作家さん)GJです(^^)

今回一番美味しい役どころは、なんといってもカルマ王子の森山未来クンではなかろうか(笑)母の仇と父クガイを恨み、その恨みをボノー将軍(橋本じゅん)らに利用される、若さと純真さを観せてくれてます。それに、白い王子衣装(もちマント付き ^^)を翻してのダンスにタップに殺陣に歌にと、もうフル回転。前作『メタルマクベス』の時も良かったけど、まだ硬さとか戸惑いなんかがあったのが、今回は弾けまくってキッチリと魅せて、いや~大人になったね!(相変わらずの上から目線 苦笑)

松雪さんは『吉原御免状』が初の新感線だったかと思いますが、なんだかとっても劇団色に染まってらっしゃって(笑)ただ、真砂のお竜というキャラがまんま「峰不二子」状態で、本人の線が細い分、若干違和感も感じたりして・・・でも、あんなに歌えるとは正直ビックリでした。今まで新感線の客演女優でベストは『野獣郎見参』の高橋由美子嬢かなぁと思ってたんですが、松雪さん、いいポジションに来ました(笑)

逆にイマイチだったのが江口氏。五右衛門たちとクガイ軍と戦う場面なんかがあるのですが、なんていうか・・・腰が高いっていうか重心が低くないっていうか(苦笑)・・・ようは殺陣の場面で迫力が感じられない。声も悪くないし(滑舌含む)背もあるんだけど、ドスンとした重みがなくて。この点、未来クンはダンスやってるからか、キレもあるしなにより重心がしっかり取れててブレない!でも左門字のキャラがいえば銭形警部なので、まああれでいいのかなぁ。ちょっと不満(^^;)
で、今回もチケット、ハッキリ言って高かったですが、この人のギャラのせいか?と思ってしまうけど、でもやっぱり出れば場面が締まるし上手い北大路欣也氏。松雪さんとデュエットする場面があるのですが、大人な雰囲気でよろしゅうございました(笑)

劇団員の皆さまは、いつも通りのおふざけもありつつキッチリと仕事して、みていて安心します。それにしても右近さんと川平慈英さん(彼は客演)。濃すぎ煩過ぎ(苦笑)やっぱこの手のキャラは苦手です、すいません・・・
最後に古田さん、若干メタボな体型のせいなのかなんなのか、流石に殺陣に切れが無くなってきたように思うのですが如何でしょう?(って誰にきいてんの 笑)今回はタイトルロールなんだけど、お話の核はクガイ王とカルマ王子の親子の確執だったりしてメインのようなメインでないようなキャラだし。でも、そうはいってもほぼ出ずっぱりで、要所要所を締める技量はサスガです。メタボでも、まだまだ頑張って欲しい!(^^)

そうそう今回の大阪公演、私は運よく1階席だったのですが、3階席の前席もS席扱い。これはいくらなんでもおかしかないかい?と思っちゃいました。と、こんなところで呟いても・・・(^^;)
なにはともあれ、いつになく暑い夏に気持ちいい汗をかかせてくれた作品でした。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:17  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.08.15 (Fri)

『青海波』を聴く

『青海波』と聞いて思い浮かぶのは・・・光源氏が頭の中将と舞う場面?

京都は今年「源氏物語千年紀」と称して(源氏物語が記録の上で確認されて千年らしい)様々なイベントが行われているのですが、その一環で、先だって雅楽の演奏で「青海波」を聴く機会がありました。ずーっと昔、ちょこっと雅楽をかじったことがあるんですよね、これでも(笑)音色は嫌いじゃないしCDや何故か龍笛を持ってたり、さすがにもう舞えないけど、多分見本の人がいたらなんとか頑張ってついてけるかなぁ・・・そんな感じ。

で、初めて生で聴いた「青海波」
雅です~どうせなら舞も舞って欲しかったんですがね、ホント(苦笑)テンポや曲調から思うに、ゆったりと優雅に舞うのが一番合うでしょうし、まさしく光る君にぴったり。なので、頭ン中で光源氏に舞ってもらいました。ってイタいわ(^^;)

そんなこんなの京都なので、本屋さんには当然というかなんというか、源氏物語関連の本がずらり。なかでもやっぱり目につくのは、大和和紀氏の「あさきゆめみし」。なんと英語版まであって、ちょっとビックリ。カラー本なんてホント綺麗・・・思わず帰って本棚から引っ張り出して読み始めてしまいました(笑)昔は藤壺が好みでしたが、今読み返してみると葵の上が好みかも。あの気位の高さの裏にある寂しさや不器用さ・・・よいです。あと、何気に惟光も好みかも(笑)御曹司に仕える有能な秘書・・・って韓ドラか(苦笑)

「源氏物語」はドラマや映画、お芝居の題材としても、過去何度か取り上げられていますが、個人的には正直、どれもこれもいまひとつの気がしないでもない。物語を頭の中で想像し、形作った光源氏の姿は、生身の人間が演じることで生じる生々しさに合わないって感じ?(意味不明~ 笑)
さて、とりあえず5巻まで読み終えたので、残りも一気に読破!といきますか(^^)
EDIT  |  22:15  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.08.05 (Tue)

暑中お見舞い&お礼

暑中お見舞い申し上げます☆

と、突然書かれてもどーよ(笑) 
いえ、言葉通りに受け取っていただいて結構かと・・・季節のご挨拶です。。。

あと、いつの頃からか「FC2BLOG」さんに「ブログ拍手」なる機能がついてます。コメント残すのはあれだけど、見たよ~っていう印?何かよくわかんないけど「まっ、いいか」とそのままにしてたんですが、ポチっと押して帰られる人がいるんですね~、こんなblogでも。有り難いことです・・・
それに、用あって過去記事を巡る旅に出ていたとき、随分と古いエントリーにまでポチっと押されているのを見て、なんというか・・・激しく恐縮です(^^;)
と同時に、どうやってたどり着かれたんでしょう???不思議・・・

このblogは、どちらかというと「辛気臭い」部類に入ると自分では思ってます(苦笑)
ちょっとした引っ掛かりをグダグダと長文で書くし、吠えるし(あっ、最近は吠えてません! 笑)
でも中には「それ、言えてるね」とか「へぇ~そんな風に感じるのか」と、どこかにそう感じて読んでくれている人もいるようなので、ちょこっと安心しつつまた書いていこうと思う今日この頃です。

どこかにいる誰かへ・・・ありがとうございます☆
EDIT  |  23:01  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.08.03 (Sun)

完・冷静と情熱の間 ~PREMIUM EVENTに寄せて~

お暑うございます~。全然、頭がまわらないんですけど、さりとてほったらかしにしとくのもねぇ・・・
まとめないと(^^;)でも、こうも暑いとっていうかいつもですが、グダグダな文章になる予感大(苦笑)
前回は「熱」で終わってましたね・・・自分で書いといてなんですが「熱」かぁ。。。
今「熱」と書けば「暑い」としか書けない(苦笑)
そういえば、クリエーターさんのところもそろそろ終盤?ヤバいっ!!ではいざ(笑)

出演者をドラマ衣装で登場させることで(まるでフィギュアの如く・・・遠目には完全にお人形状態、そのままストラップにOKって感じ? ^^)一瞬でガシっと全員を摑み、会場内のボルテージを一気にトップにもっていったはいいけれど、何をするでなくあっという間にクールダウン。そのまま演奏やインタで低―いテンションを保ちつつ会場内をジリジリさせた後、ラストのお手振り一周でボルテージは最高潮に、という流れだったかと(既に記憶を辿る旅状態 笑)ん~文字で表すと「山、谷・・・山?」なんのこっちゃ(笑)ってか、べつに表さなくてもいいし。

当然の事ながら進行にメリハリをつけることは必要不可欠(衣装チェンジとか舞台裏のモロモロ作業の為にも)であることはわかるのですが、こちら側では多くの人がオープニング時にガシっと摑まれ思いっきり引っ張りあげられた「山」があまりに高すぎたようで(多分予想外 ^^;)そんなテンションMAXな「山」にもってかれた「気持ち」を上手く収められなくて、あとはずーっとクマ、じゃなくてマグマを抱えてるような感じ?

以前、有名人に対する恋心、いえば「純度100%の片思い」みたいなことを書いた記憶があります。自分で言うのもなんですが・・・何書いてんのよ!ったく(苦笑)
「純度」って高ければ高いほど貴重だったり、あるいは危険だったり・・・
混じりっけなしの「純度100%」ならちょっとした刺激でボン!!!頻繁にその姿を目にすることが出来る相手なら、いくら純度が高くてもそれなりのガス抜きもできるのでしょうが、例えば、ん~年に一度の七夕、織姫と彦星をも凌ぐ、数年に一回のお目見えだとなかなか。そんな超貴重な対面いや拝見(^^;)の場を、あの会場内の少なくない人数の人が「純度100%」の気持ちで待ち構えていたとしたら、いや、待ってたんでしょう・・・
でもって、オープニングでガシっと持ってかれ、置き去りにされた気持ちのマグマもあちこちでフツフツと沸いて。。。で、「お手振り一周」でついに!!!
それまではやっぱり他の出演者に若干の遠慮や様子見があったと思うんですよね、「ファンミじゃないし・・・」って。でもゲートから車が姿を現すとそんなことはもう(笑)
そんな「熱気」に引っ張られたその他の観客も、何だかわかんないけどとりあえず一緒にテンション引っ張り上げられて、さてどーする?どーしたらいい?あれ?ヨン様手振ってる!んじゃ、手振っとく?みたいな感じで、会場内はさらにヒートアップしてたような気がする。
私が感じた「尋常じゃない熱」のモトってそんなマグマな「想い」の塊だったんだろうなぁ・・・って、思ったりするんですが、冷めてる私?

私は今でもあの「お手振り一周」は必要なかっただろうという気持ちでいるんですが、何でも本人はいたく気に入ったようで(苦笑)まあ、ちょっとでも多くのファンの顔を近くで見られるシチュエーションではありますけどね。でも、私はやっぱりああやって周る時間を、もっとこのドラマへの思いや、主演俳優としてそれこそ撮影中に感じた様々な思いを自ら言葉で語ってくれた方が良かった。もちろん四神を含めて。だってそれが出来る人だと思うから。

イベントはお祭り。
そう考えれば全てはクリアになるのかもしれません。
けれど、あの日、35000人の視線を一身に受け止め、冷静と情熱が交じり合う空間にただ静かに微笑み佇んでいた1人の俳優の姿を思い返すと、私の中で何だか少し哀しさを感じるのも事実だったりします。何が哀しいのかはまた別の話・・・
といったところで、イベントに関するモロモロはこれで終了です。

あと「番外編」でちょこっと書こうかなと思ってますが、暑いし・・・(^^;)
EDIT  |  22:40  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。