2007年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.01.22 (Mon)

マンガミュージアム

先日「京都国際マンガミュージアム」へ行ってまいりましたので、ちょこっとレポートなんぞを(^^)

最近またマンガを読む機会が増えてきたので、ちょっと行ってきたのですが、さすがに休日は混んでます(笑)大人も子供も観光客もてんこ盛りって感じでしたね。
ミュージアムと名のつくだけあって、マンガがいっぱいあるからといって漫画喫茶(古っ! 笑)やネットカフェのような感じではなく、かといって図書館風でもない。まさにミュージアムという呼び名がぴったりくる場所でした。

廊下の壁沿いにずらーっとマンガが並んでいて、まさに「マンガの壁」。これは中々壮観です。基本的に棚にあるマンガは手にとって読んで構いませんが、20年近く貸し本屋さんをやってらした方からの寄贈分が多いらしく、最新刊が揃っていなかったり、欠本があったり、全体的にキレイではないところは致し方なしかな。
明治時代に建てられた元小学校を利用しているので、天井も高くて、階段や手すりはしっかりレトロな感じを醸し出しいい感じですし、広くはないですが校庭だったところには芝生が敷かれて、お天気がよければそこで寝転がってマンガが読めます。

行った時は「世界のマンガ展」というのをやっていて、世界各国のマンガ雑誌が展示されていて、手にとって読むことができたのですが、そうそう、今観てる『宮』という韓ドラはマンガが原作らしく、それが展示されていたので読んでみました(日本語訳でした)・・・が、正直「絵」は好みじゃなかった(苦笑)ちょっと劇画チックというか、たまに皇太后がパタリロみたく見えたといえば判ってもらえるでしょうか(笑)

まあ、そんなこんなで地上3階地下1階を「マンガの壁」をみながらグルグル回ると、結構な時間がかかります。あちこちにテーブルと椅子やソファーが置いてあるのですが、如何せん混雑時の人数にはとても対応できません。この辺も、図書館というよりミュージアムだと感じる点かなぁ。

入り口にちょっとしたお土産ものコーナーみたいなのがあって、「明日のジョー」や「風と木の詩」(だと思う ^^;)のクリアファイルなんかが「ここだけです!」と書いて売ってます(笑)

入場料500円かかりますけど、マンガファンじゃなくても建物と収蔵物が思いのほかマッチしていたり、レトロな雰囲気が醸し出す味わいを感じるにも一回は行ってもいいんじゃないかと思いました。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:45  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.01.17 (Wed)

さっさと予約!

何となく日本語訳のカンも冴えてきてるような気がします(笑)
只今2度目の視聴中である『Silence ~深情密嗎~』
1度目は勢いというか力ずくで「中文字幕」を観終えた気分でしたが、今回はウチのボンの成長振りをじっくり観ようと翻訳ソフトを立ち上げ(おバカ全開)、必要とあらば台湾POPsファンの友達に辞書引いてもらう丁寧振り(笑)えっ?見方間違ってるのは百も承知です!

で、こんなに苦労して観ているのは、早く先を知りたい!けど放送は週一、オマケに28話と長いもんだから日本語字幕DVDの発売はまだまだ先・・・つまりそれまでの繋ぎってことだった訳ですが、その発売がついに決定(^^)v
前半1話~14話までが4月に、後半28話までが5月だとか!一ヶ月も空けるのかい!っていうか、一気に発売してよ~(苦笑)

取りあえずさっさと予約しましょうかね。
EDIT  |  22:01  |  ご贔屓さん  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.01.16 (Tue)

シャンプーのCMに抜擢の予感(笑

いつもお邪魔しているblogの中でもそれなり話題となってるタニショーの結婚話ですが、さてと、このネタ(ネタかい!)どうしましょう(笑)

思えば私はドラマのキャラから贔屓になったタイプだと思うので(まあ興味を持ってからは、それなりにプライベートキャラを想像したりはしましたけど 笑)、本人が結婚しようがべつに「え~っ!ショック~」とはならないんですが、でも、今回の流れって何だか脇が甘いというかなんというか・・・「順番間違えました」とか言ってる場合か?と、ヘタしたら本人前に小一時間パージョン(苦笑)

そうそう、何気に関連記事をいろいろググッてたら(^^;)タニショーとお相手の元亭主がドラマ『未成年(脚本 野島伸司)』で競演してたらしい事が判明。元亭主とSMAPの慎吾ちゃんはスゴク印象に残ってる(あと浜崎あゆみも)ドラマでしたが、出てたのか!?
だからどーってことないんですが、いや~世間って狭いなぁと・・・(笑)
あと余談ですが、映画版の『花より男子』の道明寺役だったってみんな知ってるかなぁ?みんなって誰(笑)ちなみに類(ウチのボンの当たり役 ^^)は、藤木直人です。

さっき「小一時間」と書きましたが、なんでそう思うかっていうと単純にもったいないから(笑)
容姿は明らかに二枚目で、でもナル全開じゃなくて若干天然素材もはいりーの、といったナカナカ貴重なキャラであるし、それを持ってして役的にもシリアスからコメディーまで対応可能であるってことで、今年は大河から「エラいところに~」までをカバー。昨年は蜷川舞台を経験し、多分今年が「モデル出身の単なる人気俳優(相変わらず何様状態、失礼!)」から「客(視聴率)を呼べる俳優」って感じで結構転機になるのかなぁと思ったんですけどね。
まあ、本人も記者会見で「もうひと頑張りしてから考えようと思ってた」とか言ってるし(笑)だったら行動を一致させようよ、とお姉さんは思うわけで・・・。「スポーツ紙を見た社長に叩き起こされた」って想像したら笑えますけどね。

いずれにせよ、本人の頑張る気力の元になるならよしって話ですか。
そのうち、ものすごい笑顔で親子で髪洗うシャンプーのCMに出る予感がする今日この頃です(笑)
EDIT  |  23:00  |  ご贔屓さん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.01.14 (Sun)

ドラマいろいろ

今クールの最後に登場するはキムタク御大主演の『華麗なる一族』。
つい先ほど見終わりましたが、ん~どう(苦笑)
出かけていたので冒頭10分程を見逃してしまったのですが、多分そう影響はないとして・・・ラストに登場した、まるでジョーズと見紛う泳ぎっぷりの将軍・鯉。あれはどうなんでしょう(笑)
こういう硬派(といっていいかどうかは?ですが)のドラマは好きなので多分見続けるとは思うのですが、何か演出に若干の違和感があったりします。

私は原作を読んでいないのですが、今日の放送を見る限り鉄平(キムタク)の父ちゃんは大介(北大路欣也)ではなく、敬介じいちゃんなんでしょうし・・・それが万俵家の内に蠢くドロドロとしたものの元凶かと。けど、いくらじいちゃんの血を引いてることをより判りやすくみせる演出だとしても(もうじいちゃんの子って決め付けてます 笑)十何年も姿を見せない鯉が鉄平の手を叩く音で姿を現すってのはいただけません(しつこいですが。苦笑)
この調子だと、今後も個人的に「ありえん!」と思う演出があるんだろうなぁと思うとちょっとしんどいですが、取りあえず見続けられそうなドラマの1本ではあります。

あとは・・・『ハケンの品格』これは「ありえん」と「ありえる」が微妙に私の中で攻めぎあうドラマですね。私自身、転職の間に短期の派遣を経験したことがあって、その頃のことも思い出したり・・・

『花より男子2』は、見たり見なかったりかな(笑)どうしても、F4の『流星花園』と比べてしまうので。類はウチのボンだし、道明寺はジェリーなわけで(苦笑)

微妙なのが『エラいところに嫁いでしまった!』。タニショーが出ているのですが、ほら、相手役が仲間嬢でしょ。苦手なんですよね~私。どうにもこうにも1本調子のセリフ回しがダメ!でも、タニショーだしなぁ・・・気楽に見れる一本ではあると思うんですけどね。
タニショーは大河でもみれるから、ヘタしたらリタイアしちゃうかも。

久しぶりに連ドラをちゃんと見ようかと思う今クールですが、どうなる事やら。
EDIT  |  23:19  |  ドラマ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.01.07 (Sun)

地味な配役

5日が初出勤だったのですが、会社に着くなり「何か寒いわ・・・頭イタい・・・」
案の定、風邪引いてました(苦笑)
MAX38℃まで上った熱も今朝ようやく下がり、平熱まであとちょっと。せっかくこの三連休で最後のバーゲン攻めを考えていたのですが・・・残念です。代わりに寝ながらDVD三昧の「ボン@ヴィック祭り」再開中(^^;)新年そうそうおバカです・・・


そんなこんなで、昼ごろ起きて朝食兼昼食を取りつつ新聞を読んでると「~昨年に引き続きの戦国物であるが、配役が地味である。(以下なんたらかんたら)」という今年の大河ドラマについてのコメントが!

Gackt&谷原章介&佐々木蔵之介ですけど、地味ですか!?(笑)ここに主役の内野聖陽氏が入ってないのは、ん~嫌いじゃないですけど、ビミョーに好みじゃないので(苦笑)

まあ、確かに武田信玄役の市川亀治郎・・・歌舞伎役者である彼は確かに地味というか、世間的にはまだ知られていない(今回が映像作品初出演らしい)誰それ?状態のようですし、女優陣もヒロインの由布姫役は新人の柴本幸さん。昨年のように誰もが知ってる俳優さんばかりではないのは認めますけど(笑)

年末にこのドラマのガイドブックみたいなのを、立ち読みしたのですが(買うにはちょっと ^^;)なんと頭ツルツルお写真のタニショーが!これまた似合ってなんとまあ(←おばちゃん口調 笑)ちょうど今読んでる「大奥 byよしながふみ」の有功殿のような見目麗しい剃髪姿でございました(^^)

というわけで、当たり前ですが「地味か地味でないか」は人それぞれ。私にとっては華やかさこの上ない久々の大河ドラマですので、気合を入れて観ていきたいと思います。
EDIT  |  18:31  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.01.02 (Tue)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます☆

今年も「オイオイ!」と引き止めたくなるくらい、あっという間に過ぎてしまう1年なのだと思います(笑)
それでもできるだけ観たい事、やりたいこと、行きたいところはガマンせず楽しく過ごせるようにしたいと思っています。

「吠え」だの「萌え」だの一貫性のない事この上ないこのblogですが、細々とでも続けていきたいと思っていますので、皆さま今年もよろしくお願いいたします。
EDIT  |  20:55  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。