2006年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.07.21 (Fri)

『ハウルの動く城』って・・・

劇場で観なかった『ハウルの動く城』を先ほどTVでみたのですが、なんと言いましょうか「それ、どうよ!」「えっ?いいのかそれで?」「ちょっとまたれい!(←マルクル口調で ^^;)」と思う場面が多くて(苦笑)

これって公開時にはかなりの評判だったんですよね、確か?
「魔女の呪いで18歳から90歳になっちゃた少女とイケメン魔法使いの恋」っていうストーリー(で、合ってますか?)もさることながら、主人公達の声を倍賞美津子と木村拓哉があてるってのもいいのか悪いのか(笑)
でも、キムタクの声、思いの外ハウルにあってたと思いました。髪の色が変わっちゃって「もうダメ・・・」みたいなところなんか、妙にしっくりきてたし。逆にソフィーの声はちょっと違和感ありかな。

ストーリー・・・ラブストーリーですか、これ?あまりそうは感じられなくて。悪魔に魂を売り、自由でいることを選んだハウルは魔法を使うたびに、よく言えば「黒鳥」ヘンに言えば「カラスの親玉」みたく変化し、心を失っていく。そして、そんなハウルの心を引き止めるのにソフィーは一生懸命行動し(ってこの行動も私には意味不明多し ^^;)挙句ハウルに「あなたを愛してる」と言う。んで、ハウルもソフィーに「愛してる」と言う。言葉は行きかうけど、ん~~どう!(苦笑)てか、個人的には「愛してる」と言わせて欲しくなかったな、と。
だって、こういった呪いを解くのって「愛の力」が定番な訳で、だからそんなあえて言わせなくてもよろしかろう、と思ったり。
いやいやなにより、一体いつハウルはソフィーの事を愛してると気づいた?まあ、ソフィーは最初の出会いから「あ、カッコいい。この人」って思ってたと思うけど(笑)私、どっか重要な場面見落としてます?
戦闘場面も多くありましたが、大体が「何のために戦ってるのか」とか「敵は誰」とかが明確じゃなく、なんかサリマンの一言で終わりにできるってもの、どう?まあ、サリマンは魔法使いの大御所ですから、その辺りはお手の物?(苦笑)

魔法使いのくせに臆病者でいえばへタレなハウル(ファンの人、すいません)が、何故魂を売ってまで師匠サリマンの元を離れたのか?ハウルとカルシファーの取引って一体なんだったのか?マルクルってホントは何者?そして、なにより疑問なのが「かかしのカブ」と「荒地の魔女」の存在理由(苦笑)だってこの2人・・・カブはソフィーを幾度となくピンチから助けたりするけど、最後にソフィーのキスで呪いが解かれ、人間の姿に戻ったはいいけど、あっさり振られておしまい。不憫です、カブ・・・。荒地の魔女も50年前に王宮を追われて、やっとこさ王様に呼ばれて王宮にはせ参じたのに、サリマンの手によってあっという間に魔力も奪われ老婆になってしまう。そして結局はソフィーやマルクル、きっとハウルも手を貸しての介護状態になると予想。不憫です、荒地の魔女・・・。
ラストも18歳に戻ったソフィーと心を取り戻したイケメンハウルが動く城のデッキ(?)でのツーショットだったと思うのですが、それを水晶玉(と決め付けてる 笑)を通してみてるサリマンが「ハッピーエンドってわけね」と呟くのですが、これも若干違和感あり・・・。

というわけで、全編通して「???」が多い今回の宮崎アニメ。
私は宮崎アニメで好きな作品は『天空の城 ラピュタ』と『風の谷のナウシカ』この2本の空飛ぶ「浮遊感」が特に好きなもんで(^^)あと『ルパン三世 カリオストロの城』は外せない!
で、この『ハウルの動く城』もハウルと18歳のソフィーが空中を歩くシーンがありますが、ん~どう!(苦笑)ワクワクもドキドキもしない・・・。
もう一回みたら印象が変わるのでしょうか?観れば観るほど味がでるってタイプなのかなぁ。
何だか支離滅裂な感想になりました(^^;)
スポンサーサイト
EDIT  |  23:44  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2006.07.18 (Tue)

『DEATH NOTE』最終話読み終わり!

『DEATH NOTE』の最終話12巻が発売され、友達が貸してくれました。ありがと~!

が、せめて10巻くらいから借りるべきだった(泣)あれから月日は経ち・・・ちょこちょことエピソードを忘れてて、え~高田女史っていつの間にデュークと取引してたの???とかね(笑)

詳しくは書きませんが、最終話としての話の持っていき方はあれで正解だと思います。正解っていうのもおかいしですね。ん~あれしかない、かな?
新世界の神となるべくノートを使って君臨してきたキラ=月(ライト)が最後に、ほんとフツーのそこいらにいる若者の感情を出してしまう。どうせなら、最後まで冷酷なキャラで押し通して欲しかった気もしますが、逆にそうじゃなかったから多少の救いはある?かな・・・ビミョー(苦笑)

「キラ=夜神月」と「N=ニア」の直接対決は、なかなか読み応えがありました。キラに素顔をさらしてしまうことで、確実に自分が不利になる。でも、ニアは殺されてしまったLの後継者としての自負や自らが思う正義をもって、キラとの直接対決に臨む。いや~この辺りはページをめくる手が早かったですね(^^;)

でもこうして読み終えると、個人的にはやっぱり初代「L」がライトと対決していた辺りが面白さのピークだったかも知れません。どうも、第二部になってからはやたら代弁者的な登場人物がわらわらと出てきたりノートも複数あったりして、読んでいて落ち着きませんでした、はい。

それはそうと、映画版の『デス・ノート』は原作とは違う部分が多いらしく、それはそれとして楽しめるような感じですね。観てないけど(苦笑)私は映画版よりも、もう一度全巻借りて読み返してみたいと思います。だって、忘れてるとこ多いんですもん(←脳の老化かと ^^;)

EDIT  |  00:33  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.07.16 (Sun)

地球ゴージャス『HUMANITY』を観て

副題つきで書くと・・・
『HUMANITY THE MUSICAL ~モモタロウと愉快な仲間たち~』
またもやタイトル長っ!
そして観たのが実は先月(^^;)こんなに遅くなってしまいましたが、取りあえず覚書を・・・。

地球ゴージャスのお芝居は始めてです。
岸谷五朗&寺脇康文の企画ユニットであることくらいしか予備知識もなく、この2人がミュージカル?刑事ものの方がしっくりくるよね~と思ったり(^^;)大体がチケットを取った目的は唐沢さんと戸田さんの競演が観たかったからというところがなんとも・・・

お話は、
リストラが日常茶飯事の会社で働いている順平(唐沢寿明)は、毎日を目立たないように目立たないように過ごしていた。家に帰れば口うるさい妻(戸田恵子)がいて、でも、会社には可愛い愛人(高橋由美子)もいて、それなりに楽しんでいる。けれど、日々のストレスが順平の夢の入り口をホンのちょっとずらす。すると、順平は桃から生まれた桃太郎ならぬ種太郎となり、イヌやキジ、サルとなった現実社会の同僚達を引き連れて鬼退治に行く羽目になる。昔話の桃太郎は鬼退治をして宝をどっさり持って帰るけれど、順平ならぬ種太郎は一体なにを持って帰ることが出来るのか?

と、ザックリすぎるくらいの書きようですが(苦笑)ストーリーの根っこは、多分・・・たとえ姿形が違おうとも(もっといえば思想なんかも)相手を認め共存していくことの大切さとか、一生懸命頑張ることとか、いわゆる今更なストレートなメッセージを昔話の「ももたろう」をベースにして表現した?最後の鬼退治のシーンなんか、種太郎が鬼に「すまなかった」とかなんとか謝ってたし。こういうメッセージってエンターティメントにはなりにくいと思うんですが、そこは中々巧く表現されていたように思いました。
ただ、40人程の群舞や鬼退治のシーンにある殺陣なんかは、正直イマイチな感じでしたね。特に殺陣はご贔屓が「新感線」の私としてはイマサン(笑)くらいの出来で、残念!

出演者は種太郎演じる唐沢さんは、ちょっといい加減で優柔不断なキャラを等身大でみせてくれて、さすがに巧いですし戸田さんもしかり。高橋由美子嬢は相変わらず歌をしっかり聴かせてくれるし(個人的には本田美奈子の後は彼女だと思ってるんですが)「20世紀最後のアイドル」と称されていたことを彷彿とさせるキャピキャピキャラ(古っ!)をいかんなく発揮していたかと・・・。個人的にみっけもん的な人は蘭香レアって人。元宝塚出身だそうで、踊り・歌・大阪弁(笑)が完璧でしたね。

歌あり群舞ありギャグありと、確かにエンターティメントな要素は盛り込まれ消化されていたとは思うのですが、何となく物足りなさを感じるのも事実。どれも平均的?いや~書きながらマジに「私、だれ?」(苦笑)次はこの企画ユニットでストレートプレイが観てみたいです。

            2006・6月 フェスティバルホールにて
EDIT  |  20:04  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.07.10 (Mon)

夏生まれなのに

夏生まれなのに、蒸し暑さ日本一(だと思う)の京都にずーっと住んでいるのに、夏が苦手です(^^;)
そうそう、私が夏生まれだというと意外に思われることが多いです。まあ、わからないではないです、ホント自分でも違うよなぁと思うので。

クマ(笑)は冬に冬眠、いわゆるじーっと寝て過ごす訳ですが、私は夏、クマの冬眠状態になります。
早い話が動かない(苦笑)極力エネルギーを使わないように、汗を掻かないようにします。ただでさえ汗かきなので・・・スゴいです、マジで。

階段?エスカレーターでしょ、エレベーターでしょ(笑)
会社のあちこちにエコ運動推進のシールが貼ってあるけど、今は見ないフリしてます(^^;)
あ、最近エレベーターに乗った時は、無意識にパネル見て製造会社を確認してしまいます、はい。

それにしても、今年は何だか蒸し暑さが強い気がします。気のせいかなぁ。
昼休みに立ち寄った本屋さんで「北海道特集」や「沖縄特集」を見ると、無性に行ってみたくなる。北海道はまだしも、夏の沖縄なんて私にしたら焦げるしかないのに(笑)行ってみた~い!と思うってのは、単なるワガママでしょうか(苦笑)と、何故か怒涛の忙しさと蒸し暑さで現実逃避が入ってきた今日この頃でございます。

あ、今スマスマで「LA・LA・LA LOVESONG」が流れた!
夏だ・・・
EDIT  |  23:06  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.07.08 (Sat)

正座の似合う男

今日7月8日はタニショーのお誕生日だそうです。ご存知でしたか?って誰に聞いてんだか(^^;)あ、ひょっとして蟹座?あら一緒じゃないですかっ!年は・・・(苦笑)

「今度は私の番だから・・・私があんたを助ける番だから!私が・・・あなたを守るっ!」
私ひょっとして一番萌えたのってこの春香のセリフかも、ってあれ?(笑)
随分と時間がたってしまいましたが『トップキャスター最終回』の感想(?)をつらつらと・・・。といいつつまず一言。
8年前の雅人&春香のモロモロエピソードを使ってのスペシャル版をお願いしたいです!これから先の2人にも興味はあるにはあるけれど、それよりも断然8年前、というか2人がレポーターとADだったころからのあれこれ(下着泥棒追いかけたり、ゲイバーに潜入したりってオイオイ 笑)と、留守電にメッセージを残さざる終えなかった雅人がすっごい気になる~!
2時間もので如何でしょうか?なんでしたらシナリオ書きますけど(笑)

さて、今回もそれなりに楽しませていただいた雅人@タニショー萌えですが、如何せん出番が最初の30分ちょい(結婚式エピまでの時間をカウンターチェックする私って ^^;)と、ラストの「2年後エピ」の数分。こちらは180度キャラ違いだったし、個人的には唐突感ありでそれほど萌えることもなく(苦笑)とはいえ、何か子犬みたいでミョーに可愛かったですけどね。
そうそう、雅人の髪型をみて「なんかアトムみたいだなぁ」と毎回思う私です(^^)カールした毛先がね。見えませんか?

ま、そんなことはどーでもよくて・・・
その少ない出番で言いますと、ん~どれも萌えたかも(笑)場面的には検察から戻って春香のマンションで食事をしつつってところかなぁ。春香の手料理を「それだけは絶対にイヤだ!」というところなんか状況がこんなんじゃなかったら、それこそ言い合いというより掛け合い漫才みたくドンドン話がころがっていきそうで、想像すると(^^)
それにしても、そんなにイヤな春香の手料理ってどうよ?昔、何食べさされたんだろう・・・絶対に雅人の方が料理上手だとは思いますね、うん。あ、話それた・・・

この後の、やってもいない罪を被って事態を収めようとする雅人の態度。雅人自身、到底受け入れがたいことなんだけど、でも結局父親の前では無力だった自分を認めざるを得ない。
「俺が罪を認めれば丸く納まる。誰も困るヤツはいない。君には関係ないだろ!ほっといてくれ」と諦めと情けなさの入り混じった表情でいう雅人、かつキチンと正座してご飯を食べる姿に萌えでございます(笑)何気にこの正座、私の中でポイント高いです。キレイです、とても。立ち姿にしろ正座にしろ背筋がピンと伸びてる男はイイ!あ、春香もですね、うん。あ、また話それた・・・

あとは、いきなりの結婚式シーン。タキシードで振り返った顔はヨッシャー(笑)で「何まんざらでもない顔してんの!」と春香に突っ込まれても笑顔!もう何も気にする事も障害もなく「ALL OK!春香LOVE」な笑顔がヨイです(笑)雅人って単純?
ここから先は例のどうでもいい爆弾魔のエピが入って最後のNYシーンなので、個人的にはさほど萌えず・・・。なので、個人的には最終回の雅人萌えはそれまでよりも少ないかと(笑)やっぱり9話10話がよかったかなぁ。

10話の春香が社長室で雅人に贈収賄の事をぶつけるシーン。
「君はまた僕との結婚よりもスクープを選ぶのか・・・」という切ない表情や、一転「椿さんのお帰りだ」と大声をだす冷たい表情の雅人に萌えましたね(といいつつ、ここだけ妙に「芝居調」なのが笑えます)ん~やっぱり屋上のプロポーズとかこの辺が好みかなぁ。ベタですけど(苦笑)言い訳しない男(byちィさん)の耐える姿は萌えツボ押しまくりです。

そうそう、雅人が「はるかぁ(と私には聞こえる 苦笑)」って呼ぶたんびに「あれ、どっかで聞いた気がするなぁ」と思ってたんですが、判明!『恋ノチカラ第8話』にヒロイン深津っちゃんの元カレとして出演してるのですが、深津っちゃんは元カレの妹(矢田亜希子)と同居している設定。その妹の名が「春菜」。タニショーが「はるなぁ~」と妹を呼んでたのと被ってた。それだけです、すいません。でもすっきりした(^^;)

そんなこんなの最終回でしたが、こうなるとホントに見逃してた前半部分が悔やまれます。早く再放送を希望!DVDは・・・買わない(苦笑)そこまでの力はないです、はい。

で、これが終わったら「中国語会話」だけか(関西は『ニュー・デザインパラダイス』は見れないのです 泣)・・・と思ったら、タニショーは早くも新番組に出てるんですね。今度はパイロット、コスプレですか(笑)一回目を見ましたが、多分ながら見だと思います(^^;)なんかね、ちょっとやり過ぎ感があります、私の中で。
キャラもストーリーも大方予想がつく感じですし。たった一回、合コンでの別キャラを見られたからなのか、いきなりヒロインにタメ口をきく設定も?ですし。

代りにといっちゃなんですが、舞台『あわれ彼女は娼婦』を楽しみにしたいと思います。生タニショーで萌えられるかどうか、乞うご期待(笑)
EDIT  |  23:53  |  ドラマ  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.07.06 (Thu)

0%の奇跡

最近はヒデとW杯の事をつらつらと書いていたのですが、久しぶりにウチのジョニデのお話を。

いよいよ最新作の『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト』の公開が近づいてまいりました!昨今の日本の配給会社の宣伝パターンからいくと、ここは当然ながらジャパンプレミアIN六本木ヒルズとなるかと(笑)
思い起こせば「ジャパンプレミア」という言葉は、忘れがたき思い出を呼び起こさせる響きであって(遠い目・・・苦笑)、個人的には何かとお騒がせ感がいっぱいのイベントであります。

んで、ジョニデのこの作品も「あるんだろうな~ジャパンプレミア」と覚悟(?)はしてましたし、まあ、できるものなら「生ジョニデ」を拝みたい気持ちもあるにはあったんですが・・・
なに、この確率!?
「650/1億2000万人」って(笑)
まあ、分母がそもそも日本の総人口(ですよね?)を持ってくる時点で「オイオイ(^^;)」ってなもんですけどね。にしても、この確率って0%ってこと?

さすがにここまで低いと当選を期待する気もなく、当日(7月10日)のネットの生中継を見る?と、あっさり「生ジョニデ」を諦める私(^^;)で、何でもこの「0%の奇跡 スペシャルプラチナゴールデンチケット(←こんな言葉はない! 笑)」が既にヤフオクに出てたりするらしい。需要と供給ですか・・・それもどうよ!と思う今日この頃でございます。

このシリーズは、エンターティメント性抜群の娯楽作品なので、頭を空っぽにして楽しんで観たいと思っています。けど、この忙しさでいつ観にいけるんだろう、私・・・
EDIT  |  00:43  |  ご贔屓さん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.07.03 (Mon)

美学

さっき帰ってきたところなんですが・・・
ヒデこと「中田英寿 日本代表ゼッケン7番(しつこい!笑)」が引退のニュースってちょっとビックリしたけど、でも「そっか~それもありだね」と素直に思う私です。

HPで発表って、繋がらないやん!(苦笑)と思ったら、繋がった(笑)
半年前くらいから、このW杯を最後に現役引退と考えていたヒデだそうですが、思うに色々なしがらみやなんやで、何となく引きずられてダラダラと続けるのを良しとしない性格、というか、そもそも他人に引きずられない男だと思うので「燃え尽き」ではないけど、キッパリと辞めることを選んだ。彼の美学なんでしょう。
そして、私はこういうタイプに弱い(笑)

「周りのことも考えろよ」とか「次回のW杯まで頑張れよ」とか、いろいろな意見があるのかないのか知りませんが、自分が大切に思うこと、こうと決めたことを曲げずに行動に起こす、多分世の中では「浮いちゃう」感のある人でしょうが、好きです、はい。

「傷つけないように、傷つけられないように大事に心の奥にしまっていた気持ち・・・サッカーが好き」という根っこを枯らすことなく持ち続けられてよかったね、と、思うと同時に、何かこういうとこもミョーにツボだったりする私(^^;)

ただひとつ、この期に及んで「オイオイ!」と思ったのが「プロサッカーという旅から卒業し、自分探しの旅にでる」えっ?まさかヒデから「自分探し」という言葉がでるとは、ちょっとカッコつけすぎってかそれ、違うでしょ~(笑)まあ、最後だから許そう!って何処までもエラソーでシロウトな私(^^;)

と言うわけで正直、ヒデがいたから見てた日本戦だったので、これから先の日本代表にはますます興味が薄れてしまいます。すいません・・・
今後、ヒデみたいなタイプの選手ってなかなか出てこないでしょうね。なんかつまんないです(って、こういう見方、そもそもサッカーと関係ないかと ^^;)
自分なりの「美学」を持つカッコいい選手早くでてこ~い(笑)
ところで、東ハトのCEOでしたっけ?あの役職はどうするんでしょう?ひっとして「青年実業家」???いやん、ツボです(笑)
EDIT  |  23:52  |  ご贔屓さん  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.07.02 (Sun)

終わった

4強が出揃ったW杯ですが、私のW杯もイングランドの敗退とともにおわりました。はぁ・・・
オーウェンが怪我で早期戦線離脱しちゃった時点でかなり凹んだ私でしたが、何とか「ベッカムの右足」にすがりつつ応援してまいりましたけれど・・・くすん。

ホント夜中の2時半のPK戦は心臓にも胃にも悪いです(苦笑)
シロウトですから戦術うんぬんは置いといて(笑)、延長戦まで戦って、120分間走り回ってそんでPKで勝負って・・・観てるだけなのに疲労感が倍増します、はい。

それにしても、ほぼイングランドサポーターなんじゃないかと思うほどに、スタジアム中「God Save The Queen」の大合唱が響き渡った時は、TVを通してとはいえちょっと感動。

かえすがえすも残念なのは、ベッカム無念の交代。彼の右足があれば、なんとか少ないチャンスでもモノに出来たかもしれない、たとえルーニーの退場があったとしても(この退場はホント余計!)ワンチャンスをモノにできる右足なのに・・・とシロウトは思う訳です。
そうそう、ベンチに下がって潤んだ目でピッチの仲間を見つめるベッカムに、贔屓じゃないけどちょっと萌えました(笑)だって、キレイじゃないですか!?視線の先で戦う仲間に託す事、祈る事しか出来ない男が涙をためてただベンチに座っている・・・ほらね!って何がほらねですか、まったく(苦笑)

それにしても、ルーニーの退場をベッカムはどんな気持ちで見てたのかなぁ。自身も8年前のアルゼンチン戦で倒された後の報復行為で一発退場したしね。でも、その後いろいろ叩かれたりしたけど、更生して(苦笑)キャプテンマークをつけるまでになったのは立派です。ルーニー、見習いなさいな!あ、キャプテンマークはつけなくていいから(苦笑)

ともかくこうして私のW杯は終わったわけですが、オーウェンとついでに(笑)ベッカムの怪我が心配な今日この頃です。
同国至上最高のメンバーと称され、優勝も夢ではないといわれた今回のイングランドでしたが、蓋を開けてみれば「怪我」と「未熟者(あんたよ、ルーニー!ったく)」が仇となり、夢は儚く消えてしまいました。
次回はどんなメンバー編成になってるかわかりませんが、PK戦だけは避けて欲しいと思うシロウトな私でございます(^^)
EDIT  |  20:52  |  ご贔屓さん  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。