2005年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.11.29 (Tue)

一年振りのミニョン巻き

朝晩めっきり寒くなってまいりました。
特に今日あたりからグンと冷えてきたような気がします。
寒い朝(特に今は早出が続いているので 泣)通勤にはコート&マフラーが欠かせなくなります。こう見えても私は寒がりなもんで(苦笑)、いくら底冷えの京都に生まれ育っているとはいえ、寒さにはからきし弱いです。
小さい頃は足に「しもやけ(←年がばれるか?)」を常につくってましたし・・・

ということで、マフラーといえばミニョン巻き(笑)
(余談ですがミニョンよりもジェホの方が早かったみたいですね、ってどっちもヨンヨンだし(苦笑)ホント余談です・・・)
それよりも、改めて口に出すと何かこっぱずかしい感じがするのは何故でしょう(^^;)
しかしながら、なかなかどうして保温性・機能性においては結構スグレモノだと思うのですけどね。如何でしょう?

特に自転車に乗ってる時にはとても快適!
風になびいてもほどけないし、ほどけないから首筋に冷たい風を感じることもない。
なので自転車通勤ではあませんが、取りあえずドレッシー(?)な服じゃない限りミニョン巻きで通勤する私・・・

そういえば、最初どう巻いてあるのかわからなくてVTRを一旦停止。
「ん?こう・・・」とかやってみるものの、なんとなく違う、かも。結局ネットをウロウロ(笑)
いや~ホント便利ですね、ネットって。ちゃんと図解してくれているところがあって「あ、なーる!」そうそう、moguさんも載せてくださってましたよね、確か。

去年もほぼミニョン巻きで通したので、当然今年もササっと巻けるはずだったのですが、あれ?
一年振りだとすっかり頭の中は消しゴムで掃除されていました(泣)
スポンサーサイト
EDIT  |  22:58  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2005.11.26 (Sat)

ダイアリー

あいさんちがカレンダーの記事だったので、んじゃ私はダイアリーといきますか(^^)

学生の頃もいっぱしにシステム手帳というかスケジュール帳?なるものを持っていましたが、これはイヌとかペンギンとか(笑)キャラクターがあちこちにいるものでした。
しかしながら社会人にもなると、まあそれなりブランド物にも目がいきますし(^^;)
基本的に「革」の風合いが好きなのですが、そうなるとお値段も「おいおい!」てな感じになっちゃうのが痛い・・・まあ頻繁に買い換えるものではないのですが。
私の仕事は完全に内勤事務になるので、はっきり言ってシステム手帳に書くのは、もろ個人的予定が大半を占めます。なので立派な手帳はなくても全然困らない(笑)
でも欲しいんですよね~これが。。。

今使っているのは、くまの話題の時に書いたロンドン旅行時に買ったスマイソンのシステム手帳。旅行前にいろいろ調べてた時このお店の事を知り、「ここのが欲しい!」。ピンときました(笑)。
ここは「英王室御用達」とも言えるステイショナリー専門のお店で、店内の雰囲気も凄く良かったのを覚えています。実はこういう雰囲気に弱かったりする(^^;)

この時買った手帳も何となくくたびれてきたので、今年は新しく手帳を買い換えようかなと思って東京へいった折、行って来ました丸の内のアクアスキュータムへ。
日本ではここしか扱ってないんですよね、スマイソン。しかしせっかく行ったはいいけれど、手帳の時期にはまだ早かった(泣)秋以降に入荷するので・・・と言われてくすん。

違うメーカーのにしようかなぁとも考える今日この頃。
と、ネットでウロウロ検索していたら、あら~(笑)今年も発売になるようですねヨンヨンの手帳が。何か色がすごいんですけど・・・ブルーとピンクって・・・新婚さんのスリッパ?
去年はパーソナルデータ写真がドンヒョク版パスポート写真だったと思うのですが(あ、私購入してません 汗)今年はどんな写真が使われるのでしょう?
その部分には興味ありです、私(^^)
EDIT  |  23:46  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.11.23 (Wed)

『親切なクムジャさん』を観て

初めて「イ・ヨンエ」という女優さんを見たのは『JSA』という映画。あの時は本当に透明な感じがして「酸素のような~」という彼女のキャッチフレーズに納得!でした。
それから時は流れいくつか彼女の作品を観たけれど、どんな役であろうとも、私の中では最初に感じた透明感がずっと残っていました。
さて、そんな彼女の最新作は「透明感」とはほど遠い復讐のお話なのですが・・・

お話は・・・
誰に対しても優しい笑顔と慈愛に満ちた振る舞いで、刑務所の中で「親切なクムジャさん」と受刑者仲間から呼ばれていたイ・クムジャ(イ・ヨンエ)は幼児誘拐・殺人の罪で13年の刑期を終えて刑務所をでる。出所を迎えた伝道師(?)から差し出された「白い豆腐」を「余計なお世話よ」と捨てるクムジャの冷めた目。無実の罪で服役していたクムジャは受刑者仲間の協力のもと、自分を落とし入れたペク先生(チェ・ミンシク)に復讐すべく準備を進めていく。同時に引きはなされた一人娘を探すクムジャ。養子に出された娘・ジェニーとの再会。そしてついにクムジャはペク先生への復讐を開始する。

この映画は「復讐三部作」といわれるものらしいですが、残念ながら前2作を私は観ていません。なので、「三部作」と言うからにはどこかしら一本通ったものがあるのでしょうが、そこは?です。すいません・・・
で、良かったのかどうなのかと問われると、ん~ちょっとつまんなかったです(^^;)

前半はクムジャに協力する元受刑者達がどうして彼女の復讐に協力するようになったのかを、1人づつ時系列を前後して話が進みます。協力者が多いからここでまずちょっとダレました(苦笑)あと、ペク先生とクムジャの関係が分かりづらくて彼女の「13年間溜めに溜めた復讐心」に同調しづらかった。彼女がどうして代わりに罪をかぶることになったのか。ようは娘を人質に捕らえたから「しかたなく」って事が後半になってわかるのですが、その娘も結局誰の子?と若干疑問も沸きーの(苦笑)あと、事件当時の担当刑事も本来ならクムジャの「復讐」の対象となるんじゃなかろーか?だって実況見分の時、犯人なら当然分かる殺すのに使ったクッションの色が分からないクムジャは、刑事を見るわけです。刑事は腕時計のベルトの色を指す。で、クムジャは茶色のクッションを手に取り、犯行を再現。これって・・・いいのか、クムジャさん?

クライマックスの復讐のシーン。クムジャ一人が復讐するのかと思いきや、実はペク先生はクムジャにきせた罪以外にも子供を誘拐し殺害していたことが分かります。「親切な」クムジャさんは、この被害者の親達を集めて合同で復讐に及びます。同じ「子を殺された親(家族)」の立場ではあるけれども、やっぱり其々事情もあるし「恨み」だけじゃないいろんなものが覗き見えて何かちょっと・・・(苦笑)だいたい誘拐の目的(身代金)が「ヨットを買うため」って・・・

復讐を終えたクムジャは号泣するシーンがあるのですが、最初「え?誰?イ・ヨンエ?」ってくらい顔が違って見えました。まるで「般若の面」に見えたんです。ちょっと怖かった~。でも一番気に入ったシーンかもしれません。
オープニングやラストの白いケーキに顔を埋めるクムジャのショットなどは良かったし、クムジャが娘ジェニーを抱きしめ「ごめんね」と何度も言うと、母の贖罪の言葉を指を折って数えるジェニー、というショットもジンとしてよかったですけどね。
この映画「復讐」よりはどちらかといえば「贖罪」とか「再生」を感じたのですが、どうなんでしょうか、ホントのところは。
EDIT  |  21:39  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.11.20 (Sun)

くまと北海道

今日も「くま」です。思いのほか「くま」に拘ってしまう自分にビックリです(苦笑)
いや・・・「くま」は良いです。そのシチュエーションに???がいっぱいの今日この頃ってところですかね。

昨年が確か最初の「くま」の販売だったかと。なので今年は弟バージョンらしいですね。
ってことは、今後どんどん増殖、いや家族が増える可能性があるってことでしょうか。
そのうち「いとこ」とか「はとこ」とか、果てはガールフレンドとか、まるで「りかちゃん人形」のようなことになる?いや~別の意味で注目してしまうかもしれません。にしても家族が増えるということは、養うの大変です!パパ@ヨンヨン。

とりあえず海外サイトでくまの息子を抱いた「パパ@ヨンヨン」を見ました。いつもながらに心強い海外サイトさんです。
私が見たのはIMXの新事務所でかな?社長共々1人づつ抱いて並んで写ってます。
いいパパです・・・
で、ついでにウロウロと見ていたら今度はパパ(笑)もといヨンヨンの衣裳部屋なる写真がありました。ググッてみたら結構前からネットにでていたんですね、知りませんでした。紹介しているblogも多かったですし。

これってインテリア会社のHPですか?「b」をクリックすると、はい!なかなかスゴイ衣裳部屋です(笑)相変わらずハングルはさっぱりですが、多分「ぺ・ヨンジュンdressroom」と書いてあると思う・・・私はめがねの多さとダボダボジーンズの多さで確信しましたけど(^^;)
大人の男の衣裳部屋の感が漂いますが、何故か壁紙は花柄(苦笑)
そういえば撮影で花柄のシャツを着ている事も多いし、好きなんでしょうね、きっと。ま、いいです。でもざっと見る限り毎回私達を惑わし楽しませてくれる「ギリギリ」の洋服はないと思うんですけど・・・てことは、やっぱり(苦笑)

大人の男(あくまで衣裳部屋から判断してです 笑)とくまのぬいぐるみ。
いわゆるアンマッチ感狙いといえなくはないですが、思うに「くま→カワイイ→シリーズ化→家族が必要→まずはパパ」てな感じで引き受けさせられた気がしないでもない(^^;)
なんだかなぁ~。

と、昨日からくまの話題をしていると何となく北海道が見えてきた(笑)
いえね、blogでお世話になってるllilyさんが復帰されたんですが、なんと早速emuさんが会ってきたというお話を読んで「いいなぁ北海道~」と単純に思った次第で(^^;)
北海道は冬しか行ったことがなくて、で、行くなら冬じゃなきゃと思う私。蟹食べたいし(笑)
昔スキーをするのに何度か北海道へ行ったんですけどね。下手なのでパウダースノーのゲレンデだと上手くなった気がするもんで(^^;)今思えばバブリー満開なOLでございました。
ん~ちょっと真剣に考えてみようっと!
EDIT  |  22:37  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2005.11.19 (Sat)

くま

はい、今日のお題はズバリ「くま」です。(笑)
「くま」と書くとあんまり可愛く思えないけれど、これが「テディベア」と書くと何となく心暖かカワイイ~く思える身勝手な私です。

テディベア・・・嫌いじゃないです。むしろ好き!
子供の頃に買ってもらったくまのぬいぐるみは、まだ捨てずに部屋にあります。本棚の上だけど(笑)
結構大きいんです(座高50cm弱?)おまけに「赤」なんですよねぇ、これが。何で赤なんだろう・・・耳も片っ方取れそうだし、鼻も歪んでるけど捨てられないんですよね~これが。

大人になってからは部屋をすっきりさせておきたいので(掃除が苦手。四角い部屋を丸く掃除するパターンです ^^;)ぬいぐるみはお土産にもらったり(オーストラリアだとコアラとか)するぐらいで自分では買ってないなぁ。
買うなら「くま」がいいので、でも「くま」っていろんな顔があるから好みの顔じゃないと買うまでには至らなかったりします。私の好みは鼻がとんがり気味よりは「ぽっちゃり顔」が好みです。あ、ここ、引っかかるところじゃないですからね(笑)

そう、以前ロンドンに行った時のこと。
ロンドンといえば「テディベアがいっぱい!」の街。毎年デザインの変わるハロッズのクリスマスベアがあるかと思えば、何代も受け継がれたアンティークベアもあります。
確か秋の終わりに行ったので、ハロッズではその年のクリスマスベアが店内のあちこちに飾ってありました。当然ながら記念に購入となるはずですが・・・カワイクなかった(>_<)!あ、これあくまで私の基準ですから(^^;)前の年のは好みだったんですけど。
でも「せっかく来たんだし」と店内をウロウロ・・・「記念だし・・・(クリスマスベアの足裏にその年の年号が入ります)」と悩む事悩む事(笑)滞在中何度もハロッズに出入りしたのですが、そのたんびに手にとっては棚に戻すの繰り返し。そんなに気になるなら買えばいいやん!と思うでしょ?でもね、好きじゃないくまは買えない・・・

ということで例の「joonbear」という名前の「くま」の購入にも至りません。好みの顔じゃないし(苦笑)てか、何かすごい事もの見ちゃったんですけど、この「くま」の売り場で・・・ヨンヨンが「パパ」呼ばわりされてます。いいのか、それで?
「ジュンの部屋」とかいうまずそのネーミングに「それってどうよ!」と突っ込み、部屋に掲載されている写真についてる一言コメントに「いいのか、この方向で・・・」とさらに突っ込むという二重構造(苦笑)まあ、あくまで私の好みじゃないだけのことですが。ドン引き状態に陥ってしまいました。なんでも小道具のソファやピアノは「パパ@ヨンヨン」のもの、つまり撮影場所がプライベート部屋ってこと?花柄ソファ、か・・・
私はブロコリ登録していないので、もう一段階先の奥の部屋(大奥か? ^^;)は見れないのですが、どうやらそこには「くまの息子」を抱いたパパ@ヨンヨンがいるそうです。

「パパでちゅよぉ~」とかコメント付いてたら、そらもうひっくり返っちゃうだろうし、取りあえず(ってのもなんですが ^^)本人を呼んで小一時間・・・

EDIT  |  23:44  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2005.11.18 (Fri)

ん~もう一息!

久々に更新するのだからネタ拾い(?)にあちこちうろついてみたところ・・・
とある掲示板で、なんか火があるのかないのかわかんないですけど「煙がぼーぼー」たってました(笑)
ヨンヨンの頻繁な来日に確たる理由があるらしく、例えば「東京にレストラン開店の準備」とか「IMXの株式上場に関しての打ち合わせ」だとか「結婚相手の名古屋嬢の両親にご挨拶」だとか、まあいろいろ(笑)
一番燃えていたのはもちろん結婚話なんですけどね。
そういえば、掲示板によっては相手がスタイリストの彼女になってたのもあった!さすがに「これは違うだろう・・・」と思ったけど。根拠?勘です(笑)

にしても、どれか当たってるんでしょうか?けどなんで名古屋嬢???ま、いいけど。
でも、本当にそんな浮いた話が進行形であったのなら、先日来の人恋しさ募った状態での「結婚したい発言」は周到な前振りなのか?とも考えられ・・・おいおい(苦笑)

そんなこんなの、考えようによっちゃどーでもいいネタしか拾えなくて、またもやテンションを下げてしまったような気がしないでもないです。
それもこれも、さっさとクランクインしない『太王四神記』のせい?
乗馬の訓練に加えて、役づくりの為に(と書いてあった)大事なフェイスラインを壊してまで(力説!)ぽっちゃりお肉をつけたヨンヨン。
そこまで準備をしているのに、いつまで待つんでしょうか・・・
私の中では日増しに不憫さが募ります~。
あ、またテンション下がる(苦笑)

EDIT  |  23:58  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.11.17 (Thu)

久々なのにテンション低っ!

すっかりほったらかしにしていました(汗)
仕事が立て込んでいることも原因のひとつではあるけれど、それだけでもないような・・・
気分がのらないのです。なんでかなぁ?

観たお芝居や映画、ドラマや聴いた音楽なんかで書いておきたいものはあるんですが、いまいち気分が乗らない。
そうそう、ヨンヨンの中国訪問もスルーした私(笑)いえ、決してパンパンのほっぺたが気に入らないとかじゃなく、あれはあれでカワイイと思いますし(とはいえ、萌えない・・・)ファッションチェックもどうやらGucci一辺倒から(笑)バリエーションがでたようで(今回はバーバリーも取り入れたらしい)それもいいんじゃないの?と多少情報は入手しつつ盛り上がらないこの気持ち。
で、ついに私に「またかいっ!」と思わせてしまった「極秘入国」も「ふーん」とこれまたテンション低~い反応(笑)あれ?

年末に向けて新たにクマとかビジュアルブックとか、いろいろ出るようですが、どれもこれも「ふーん」で終わる私。ホント物品に対して貢献度低いです。スイマセン・・・
モノより作品を~!ってところかなぁ、気分は。
結局、私の中で不憫さ満開状態の次回作もクランクインは年明けらしいですしね。
てことは、それまでにもう一回くらい来るのでしょうか、極秘来日で!
なんか若干ケンカ売ってます?私(笑)

週末にはちゃんと更新できそうです。多分・・・(^^;)
EDIT  |  11:58  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.11.12 (Sat)

歌い続ける「J・BOY」

4年ぶりの「SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2005 <MY FIRST LOVE>IN 大阪城ホール」へ行ってきました。と書いたはいいけれど、常日頃ここを訪れてくださる方の中に「浜省」と言って分かる人がいるのか・・・
なんとも微妙ですが、ま、書きたいので書きます(^^)

ファン年齢は30~40代が7割位?あとは10、20、50代~かな?なので、会社帰りって人も大勢いてみんなエライ!私も定時にダッシュで会社でましたもん(笑)
そんなちょっと他とは違う年齢層を相手にしている「浜省」自身が50代・・・
もうね、城ホールの中で誰より元気だったかもしれない(笑)
息切れもしないし、声もひっくりかえらないし(^^;)キッチリ歌いきってホントだてに30年やってないと実感させられるパフォーマンスです。

「浜省」といえば「片想い」がやっぱり有名?実は私が浜省を知ったのもむか~し好きだった人が好きだったから、というベタな理由から(笑)だってそこはほら、ね。
4年前のライブでは歌ってくれたけど、今回はなかったはず!?(頭の中の消しゴムがぁ~)2日目はやったらしいですね。ホント沁みる曲だし・・・代わりと言ってはなんですが同じ路線の「君の名を呼ぶ」を歌ってくれました。いい曲です本当に。
「MONEY」から「J・BOY」へとロック全開の流れでは、平均年齢がたとえ高くても(笑)はい、スタンディングです(でも決して縦ノリじゃない ^^;)

今回はMCで印象に残ったのが「最後の1ピース」という言葉。
確か「I am a father」の前だったと思うのですが(うろ覚えです 苦笑)・・・
「ステージ上のメンバーはみんな父親です。自分に子供がいないことが、以前は人生で何かが足りない、ジグソーパズルの最後の1ピースが足りないような、そんな気持ちがあったけれど・・・例えば海外にいる友人が僕に「子供の名づけ親になってくれ」と言う。とてもうれしい事だし、誰の子供でもいい、みんなで育てればいいんじゃないか。今はそんな風に思っています」というような内容だったと記憶しています。

私もなんだかんだと結局ここまで1人でやってきて、子供を持たない人生を選ぶ可能性もなきにしもあらず。いつか彼のように「最後の1ピース」を探す事になるのかもしれません。けれど、子供は嫌いじゃないけど大好きでもない(苦笑)私にとって、私が大切に思う人たちが、そして私自身が穏やかに過ごせること。そしてそこから生まれる柔らかい気持ちが最後の1ピースであってもいいんじゃないか・・・なんて事を曲を聴きながらつらつらと考えていました。
そしたらラストは「君と歩いた道」をPVを流しての演奏。いや~ウルウルと涙がでました。
 
♪もし15才のあの夏に戻ってそこからもう一度やり直せたら
 どんな人生送るだろう
 もし15才のあの夏に戻ってそこからもう一度やり直せても
 この人生を選ぶだろう
 君と歩いた道をもう一度歩くだろう♪

6時半開演のライブだったのですが、終了したのがなんと10時まわってました!
是非来年もライブやって欲しいですけど、本人も「そろそろ無理の利かない年」って言ってたから、ひょっとしてまた4年後?いやいや、それはダメでしょう(^^)

そうそう、「I am a father」と「Thank you」という2曲からイメージされた短編映画が公開されます。「I am a father」には時任三郎氏や吹越満氏が出演してます。会場でちょっと流してましたけど、なかなか良かったです。機会があればどうぞ・・・
EDIT  |  02:05  |  音楽  |  TB(1)  |  CM(8)  |  Top↑

2005.11.09 (Wed)

ファッションはいいけれど・・・

現在、私の中で急速に拡がっている(私生活では)モテない君じゃないのか?ヨンヨン説。
まあ、スターに対してある意味失礼なことだとは思いますが、何となく遠からず当たっている気がしてなりません(笑)

そう思う方も少なからずいらっしゃるようで、それこそでっかいお世話以外何物でもない「まずは飲み会からいかがでしょうか?」てなことをblogで呟く私・・・
なのに、昨日、帰ってしまいました。黙って帰るなよぉ~(笑)
まあ、帰っちゃったものは仕方がない、またの機会を伺おうと思った私です。
あきらめてない(苦笑)

で、帰国となれば恒例の空港でのファッションチェックがあちこちで始まっていました(^^;)
今回は誰のコーディネートなんでしょうか?本人?それとも例の・・・
個人的には、靴まで合わせた茶系のスタイルがなかなか好みだったりして。
この写真なんか結構お気に入りかも知れません。って顔見えないけど(笑)

ここで、今日のお題。
ファッションはいいんですが・・・
こっそり帰るつもりが、入国時に空港にいたマスコミに気づかれ写真をとられてます。
本人は「えっ!?内緒なのに~なんで?」と一瞬思ったらしい(ニュース記事より)のですが、同じ飛行機にサッカーの代表選手が乗っていたからマスコミの本来の目的はそちら。
いえばヨンヨンは偶然のみっけもん状態(^^;)
そんな事はどーでもよくて、空港でマスコミに見つかった後のヨンヨン。専門のボディーガードじゃないとは思いますが、それなり体格の良い数人の男性が壁となってヨンヨンを守っております。
こんな風に
何となく情けなさを感じ、かつ、あーこれじゃ当分恋愛も結婚もダメだと思う私。って飛躍しすぎ(^^;)だって・・・ねえ。

うつむいたヨンヨンを囲んでいるこの写真なんかを見ると思います。
迎えの車を待つホンの数分の間だろうけど、それなり関係者が周りに立っていてもいいけど、顔上げて立ってて欲しいなと。髭ヅラが恥ずかしいのか?ま、似合ってるとは言い難いですが(苦笑)
この場以外にも、何かにつけ何となく周りが必要以上に過保護なような気がしてならない。
と、言いたかったことはこれだったりします(^^;)
これって少数意見(というか同調者がいるのか不明・・・)でしょうね、きっと。

好きなファッションに身を包んでくれて嬉しいけれど、でも、ちょっと引っかかるひねくれモンの私です(^^;)
EDIT  |  00:28  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2005.11.06 (Sun)

まだ日本にいるというのが本当なら・・・

とっくの昔に帰ったのだと思ってましたが、いまだに日本に滞在中らしいですね、ウチのヨンヨン。
今日、情報系ファンサイトさんで拾った情報です。
出所は、ここ数日お引越しに忙しいとある事務所の社長さんらしいです。
ええ、相変わらずの手法でお知らせされている様子(苦笑)ホント社内のどなたか、注意しませんかぁ~!

極秘来日から半月近くはたっていると思うのですが、その間、一度としてその姿を公衆の面前(ニュースになるとか)に現していないことを感心していいのかはたまた・・・。
いったい何処にいるんでしょうか?

っていうか何してるの(笑)
ひょっとして『四月の雪』の300万人突破が案外目前で、UIPがギリギリまで引き止めてるとか?(よくあるキリ番入場者に「コマオヨ~」と言葉つきでプレゼント渡す・・・とか?)
まあ、今までの言動からして「ぼーっと」過ごしていることなどないんだろうとは思いますが、それなりに動いているなら気配は出てくると思うんですがね~。
今ならゴルフ場より乗馬コースでしょうか?トモトモさ~ん(笑)

えっ?ひょっとして引越し手伝ってるとか?(笑)
頭にタオル巻いて荷物運んでたらわかんないかも!ってわかるってば!!
そうそう道玄坂からのお引越し先は、同じ渋谷の246に面したビル。新社屋は7日かららしいです。(興味のある方はHPの「会社概要」に地図つきで載ってます)
自社ビルではないようですね。建てたのかと思ってました。だって稼いでるし・・・

そんなことより。
まだ日本にいるのなら例の、そう人恋しさつのるヨンヨンのために「合コンプロジェクト(いきなりですが 笑)」をセッティングできるということではないのでしょうか?ぺ王国の皆さま。
思うに中国訪問が確か11日辺りではなかったかと?
日本から直行するのか、はたまた一旦帰国して監督共々訪問となるのかが不明なのですが、あと少なくとも2日ほどは、新社屋の「事務所開き(っていうのかなぁ?)」が終わるまでは滞在するでしょうし。って、もー私だれ?(苦笑)

兎に角、ここはひとつ絶好のチャンスかと!(笑)
EDIT  |  20:28  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.11.05 (Sat)

人恋しくなる季節

秋は人恋しくなる季節・・・だそうですが、ウチのヨンヨンはまさに「人恋しさ」の真っ最中だそうです(笑)

インタビュー記事等でやたらと「結婚したい」と呟いてるらしい・・・
確かに映画公開時のインタビューでも言ってましたねこちら
まあ映画では妻帯者の役だったし、どっぷりと入り込んだでたから余計に終わって感じる1人の寂しさ?
私も、とあるblogで読みました。
『初恋』で競演したキム・テウ氏(大学での年上だけど同級生役の人かと)がインタビューで「彼が家に来ると妻に『僕に素敵な女性を早く紹介してくださいよ』と言うんです」というもの。

ほんとmoguさんのおっしゃるように、私達とさして変わりないレベルの悩みに正直軽い目眩すら覚えます、私。何も高尚な悩みを持てというつもりはさらさらないですけど、あまりにあまりなセリフなもんで(笑)

そういえば随分と以前書いたエントリーの時(こちら)も、女性に求めるものが世の男性陣と変わりないものだったことを思い出しました。その時も書いたけど、例え求めるものが同じでも、その基準が自身独自のものであれば必然的にバーは高くなります。特にヨンヨンの場合は半端じゃない高さかと(苦笑)で、多分本人はその高さに気づいていない。

そんなこんなを考え合わせると、chatttenoireさんがおっしゃるように「プライベートではモテナイ人じゃないのか」説が俄然真実味を帯びてきます。
あいさんが書いてらっしゃるように、ヨンヨンは多くのファンから「愛されて」いることは事実としてあると思いますが、じゃあ公私の「私」の時は「愛されて」ないのかと言うと、そんなことはないと思います。
けれどそれは「(性としての)男として」愛されているというよりは「人として」愛されている部分が大きいんじゃないかと思ったりするわけです。
頼りになるしいい人だし好きには違いないけど、でも恋愛対象となるとちょっと違う?
そんな感じ・・・「いい人なんだけどねぇ~」ってあれです。ええ、ものすごく私見ですし、なによりでっかいお世話かと(笑)

さて・・・でっかいお世話ついでに。
そうそう「ぺ・ヨンジュンが動く時は黒い壁が一緒に移動する。たとえトイレに行く時でも」というのをどこかで読んだ覚えがあります。
屈強なボディガードに囲まれて過ごす毎日。ストレスも溜まるでしょうし、1人で出歩けない事情もあるでしょう。
「合コンキャラ」でも「パーティキャラ」でもない事も重々承知しているから、ここはひとつ私達(笑)に任せていただければ決して悪いようにはしないから!ね、ヌナに任せなさい(^^)v

EDIT  |  23:22  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.11.04 (Fri)

『チェオクの剣』と『太王四神記』

先週無事に最終回を観終えた『チャングムの誓い』ですが、皆さんの評判もよろしかったようで、もちろん私も最後まで観ましたよ(笑)
最後の、今でいう帝王切開の時「何の糸で縫合したんだチャングムは?」などと細かいことは当然ながら突っ込めますが、そんな事をおいておける位(おいてないやん 笑)楽しんでみる事ができました。これホントです。
個人的にはハン尚宮が生きていた頃の、チャングムがミョンイの娘かどうかが分かるか分からないかといった辺りが好きでしたね。

で、そのチャングムの後に昨日から始まった『チェオクの剣(韓国題:茶母)』ですが、同じ時代劇とはいえ、撮影手法が全然違います。
もう空中で自転車漕ぎのように足をバタつかせてチェオクが飛ぶ飛ぶ(笑)
「ワイヤーアクション」と、あと「早送り」を多様して時間を巧く流しているようですね。HPによると「スーパーアクション時代劇」と言うようですが・・・てかみたまんま(笑)

チャングムでは「宮廷料理」が珍しかったけれど、チェオクでは「犯罪捜査」がポイントでしょうか?初回からチェオクの検死場面では「ほーぉ!(フォー!ではないです 笑)」とちょっと感心しました。BGMもエンディング曲も好みですし、多分見続けられるのではないかと。
そうそう「ソンベク」役のキム・ミンジュン氏は初見の俳優さんですが、なかなかよろしいのではないでしょか?『武士』のウソン君みたいです。違う?あ、現時点では萌えてません(笑)
そうそう、ソンベクってチェオク生き別れた兄でしょ?

ところで、ウチのヨンヨンのいっこうにクランクインしない(苦笑)次回作『太王四神記』は確か「ファンタジー時代劇」と紹介されていたように記憶しています。
私にはいまいちこの「ファンタジー時代劇」って意味がわからないのですが、ひょっとしてチェオクと同様ワイヤーアクションありなんでしょうか?
ありなら飛ぶのかヨンヨン?
飛ぶなら「足バタバタ(笑)」より前転くるりと2回転くらいして、敵の前にすっくと立つ!てな感じを希望しますね。
とはいえ、ん~どっちにしても見たいような見たくないような、これまたビミョーな映像です(^^;)

そんな心配をするよりも一体全体このドラマ、いつになったらクランクインできるのでしょうか?
なにより相手役とかその他キャスティングはどうなったのか・・・
ヨンヨンだけが一生懸命乗馬の練習してて、なんかねぇ・・・不憫さを感じてしまいます、私。
こうやって相変わらず事前準備に余念がないのでしょうが、いろんな意味での大きな仕事『四月の雪』が終わってある意味気持ちが宙ぶらりんな感じもあるから、やたらと「結婚したい」と思うのではないかとも思ったりして・・・
そんな事はないでしょうか、chatttenoireさんmoguさん(^^;)

EDIT  |  01:05  |  ドラマ  |  TB(1)  |  CM(6)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。