2005年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.11.23 (Wed)

『親切なクムジャさん』を観て

初めて「イ・ヨンエ」という女優さんを見たのは『JSA』という映画。あの時は本当に透明な感じがして「酸素のような~」という彼女のキャッチフレーズに納得!でした。
それから時は流れいくつか彼女の作品を観たけれど、どんな役であろうとも、私の中では最初に感じた透明感がずっと残っていました。
さて、そんな彼女の最新作は「透明感」とはほど遠い復讐のお話なのですが・・・

お話は・・・
誰に対しても優しい笑顔と慈愛に満ちた振る舞いで、刑務所の中で「親切なクムジャさん」と受刑者仲間から呼ばれていたイ・クムジャ(イ・ヨンエ)は幼児誘拐・殺人の罪で13年の刑期を終えて刑務所をでる。出所を迎えた伝道師(?)から差し出された「白い豆腐」を「余計なお世話よ」と捨てるクムジャの冷めた目。無実の罪で服役していたクムジャは受刑者仲間の協力のもと、自分を落とし入れたペク先生(チェ・ミンシク)に復讐すべく準備を進めていく。同時に引きはなされた一人娘を探すクムジャ。養子に出された娘・ジェニーとの再会。そしてついにクムジャはペク先生への復讐を開始する。

この映画は「復讐三部作」といわれるものらしいですが、残念ながら前2作を私は観ていません。なので、「三部作」と言うからにはどこかしら一本通ったものがあるのでしょうが、そこは?です。すいません・・・
で、良かったのかどうなのかと問われると、ん~ちょっとつまんなかったです(^^;)

前半はクムジャに協力する元受刑者達がどうして彼女の復讐に協力するようになったのかを、1人づつ時系列を前後して話が進みます。協力者が多いからここでまずちょっとダレました(苦笑)あと、ペク先生とクムジャの関係が分かりづらくて彼女の「13年間溜めに溜めた復讐心」に同調しづらかった。彼女がどうして代わりに罪をかぶることになったのか。ようは娘を人質に捕らえたから「しかたなく」って事が後半になってわかるのですが、その娘も結局誰の子?と若干疑問も沸きーの(苦笑)あと、事件当時の担当刑事も本来ならクムジャの「復讐」の対象となるんじゃなかろーか?だって実況見分の時、犯人なら当然分かる殺すのに使ったクッションの色が分からないクムジャは、刑事を見るわけです。刑事は腕時計のベルトの色を指す。で、クムジャは茶色のクッションを手に取り、犯行を再現。これって・・・いいのか、クムジャさん?

クライマックスの復讐のシーン。クムジャ一人が復讐するのかと思いきや、実はペク先生はクムジャにきせた罪以外にも子供を誘拐し殺害していたことが分かります。「親切な」クムジャさんは、この被害者の親達を集めて合同で復讐に及びます。同じ「子を殺された親(家族)」の立場ではあるけれども、やっぱり其々事情もあるし「恨み」だけじゃないいろんなものが覗き見えて何かちょっと・・・(苦笑)だいたい誘拐の目的(身代金)が「ヨットを買うため」って・・・

復讐を終えたクムジャは号泣するシーンがあるのですが、最初「え?誰?イ・ヨンエ?」ってくらい顔が違って見えました。まるで「般若の面」に見えたんです。ちょっと怖かった~。でも一番気に入ったシーンかもしれません。
オープニングやラストの白いケーキに顔を埋めるクムジャのショットなどは良かったし、クムジャが娘ジェニーを抱きしめ「ごめんね」と何度も言うと、母の贖罪の言葉を指を折って数えるジェニー、というショットもジンとしてよかったですけどね。
この映画「復讐」よりはどちらかといえば「贖罪」とか「再生」を感じたのですが、どうなんでしょうか、ホントのところは。
スポンサーサイト
EDIT  |  21:39  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.11.20 (Sun)

くまと北海道

今日も「くま」です。思いのほか「くま」に拘ってしまう自分にビックリです(苦笑)
いや・・・「くま」は良いです。そのシチュエーションに???がいっぱいの今日この頃ってところですかね。

昨年が確か最初の「くま」の販売だったかと。なので今年は弟バージョンらしいですね。
ってことは、今後どんどん増殖、いや家族が増える可能性があるってことでしょうか。
そのうち「いとこ」とか「はとこ」とか、果てはガールフレンドとか、まるで「りかちゃん人形」のようなことになる?いや~別の意味で注目してしまうかもしれません。にしても家族が増えるということは、養うの大変です!パパ@ヨンヨン。

とりあえず海外サイトでくまの息子を抱いた「パパ@ヨンヨン」を見ました。いつもながらに心強い海外サイトさんです。
私が見たのはIMXの新事務所でかな?社長共々1人づつ抱いて並んで写ってます。
いいパパです・・・
で、ついでにウロウロと見ていたら今度はパパ(笑)もといヨンヨンの衣裳部屋なる写真がありました。ググッてみたら結構前からネットにでていたんですね、知りませんでした。紹介しているblogも多かったですし。

これってインテリア会社のHPですか?「b」をクリックすると、はい!なかなかスゴイ衣裳部屋です(笑)相変わらずハングルはさっぱりですが、多分「ぺ・ヨンジュンdressroom」と書いてあると思う・・・私はめがねの多さとダボダボジーンズの多さで確信しましたけど(^^;)
大人の男の衣裳部屋の感が漂いますが、何故か壁紙は花柄(苦笑)
そういえば撮影で花柄のシャツを着ている事も多いし、好きなんでしょうね、きっと。ま、いいです。でもざっと見る限り毎回私達を惑わし楽しませてくれる「ギリギリ」の洋服はないと思うんですけど・・・てことは、やっぱり(苦笑)

大人の男(あくまで衣裳部屋から判断してです 笑)とくまのぬいぐるみ。
いわゆるアンマッチ感狙いといえなくはないですが、思うに「くま→カワイイ→シリーズ化→家族が必要→まずはパパ」てな感じで引き受けさせられた気がしないでもない(^^;)
なんだかなぁ~。

と、昨日からくまの話題をしていると何となく北海道が見えてきた(笑)
いえね、blogでお世話になってるllilyさんが復帰されたんですが、なんと早速emuさんが会ってきたというお話を読んで「いいなぁ北海道~」と単純に思った次第で(^^;)
北海道は冬しか行ったことがなくて、で、行くなら冬じゃなきゃと思う私。蟹食べたいし(笑)
昔スキーをするのに何度か北海道へ行ったんですけどね。下手なのでパウダースノーのゲレンデだと上手くなった気がするもんで(^^;)今思えばバブリー満開なOLでございました。
ん~ちょっと真剣に考えてみようっと!
EDIT  |  22:37  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2005.11.19 (Sat)

くま

はい、今日のお題はズバリ「くま」です。(笑)
「くま」と書くとあんまり可愛く思えないけれど、これが「テディベア」と書くと何となく心暖かカワイイ~く思える身勝手な私です。

テディベア・・・嫌いじゃないです。むしろ好き!
子供の頃に買ってもらったくまのぬいぐるみは、まだ捨てずに部屋にあります。本棚の上だけど(笑)
結構大きいんです(座高50cm弱?)おまけに「赤」なんですよねぇ、これが。何で赤なんだろう・・・耳も片っ方取れそうだし、鼻も歪んでるけど捨てられないんですよね~これが。

大人になってからは部屋をすっきりさせておきたいので(掃除が苦手。四角い部屋を丸く掃除するパターンです ^^;)ぬいぐるみはお土産にもらったり(オーストラリアだとコアラとか)するぐらいで自分では買ってないなぁ。
買うなら「くま」がいいので、でも「くま」っていろんな顔があるから好みの顔じゃないと買うまでには至らなかったりします。私の好みは鼻がとんがり気味よりは「ぽっちゃり顔」が好みです。あ、ここ、引っかかるところじゃないですからね(笑)

そう、以前ロンドンに行った時のこと。
ロンドンといえば「テディベアがいっぱい!」の街。毎年デザインの変わるハロッズのクリスマスベアがあるかと思えば、何代も受け継がれたアンティークベアもあります。
確か秋の終わりに行ったので、ハロッズではその年のクリスマスベアが店内のあちこちに飾ってありました。当然ながら記念に購入となるはずですが・・・カワイクなかった(>_<)!あ、これあくまで私の基準ですから(^^;)前の年のは好みだったんですけど。
でも「せっかく来たんだし」と店内をウロウロ・・・「記念だし・・・(クリスマスベアの足裏にその年の年号が入ります)」と悩む事悩む事(笑)滞在中何度もハロッズに出入りしたのですが、そのたんびに手にとっては棚に戻すの繰り返し。そんなに気になるなら買えばいいやん!と思うでしょ?でもね、好きじゃないくまは買えない・・・

ということで例の「joonbear」という名前の「くま」の購入にも至りません。好みの顔じゃないし(苦笑)てか、何かすごい事もの見ちゃったんですけど、この「くま」の売り場で・・・ヨンヨンが「パパ」呼ばわりされてます。いいのか、それで?
「ジュンの部屋」とかいうまずそのネーミングに「それってどうよ!」と突っ込み、部屋に掲載されている写真についてる一言コメントに「いいのか、この方向で・・・」とさらに突っ込むという二重構造(苦笑)まあ、あくまで私の好みじゃないだけのことですが。ドン引き状態に陥ってしまいました。なんでも小道具のソファやピアノは「パパ@ヨンヨン」のもの、つまり撮影場所がプライベート部屋ってこと?花柄ソファ、か・・・
私はブロコリ登録していないので、もう一段階先の奥の部屋(大奥か? ^^;)は見れないのですが、どうやらそこには「くまの息子」を抱いたパパ@ヨンヨンがいるそうです。

「パパでちゅよぉ~」とかコメント付いてたら、そらもうひっくり返っちゃうだろうし、取りあえず(ってのもなんですが ^^)本人を呼んで小一時間・・・

EDIT  |  23:44  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2005.11.12 (Sat)

歌い続ける「J・BOY」

4年ぶりの「SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2005 <MY FIRST LOVE>IN 大阪城ホール」へ行ってきました。と書いたはいいけれど、常日頃ここを訪れてくださる方の中に「浜省」と言って分かる人がいるのか・・・
なんとも微妙ですが、ま、書きたいので書きます(^^)

ファン年齢は30~40代が7割位?あとは10、20、50代~かな?なので、会社帰りって人も大勢いてみんなエライ!私も定時にダッシュで会社でましたもん(笑)
そんなちょっと他とは違う年齢層を相手にしている「浜省」自身が50代・・・
もうね、城ホールの中で誰より元気だったかもしれない(笑)
息切れもしないし、声もひっくりかえらないし(^^;)キッチリ歌いきってホントだてに30年やってないと実感させられるパフォーマンスです。

「浜省」といえば「片想い」がやっぱり有名?実は私が浜省を知ったのもむか~し好きだった人が好きだったから、というベタな理由から(笑)だってそこはほら、ね。
4年前のライブでは歌ってくれたけど、今回はなかったはず!?(頭の中の消しゴムがぁ~)2日目はやったらしいですね。ホント沁みる曲だし・・・代わりと言ってはなんですが同じ路線の「君の名を呼ぶ」を歌ってくれました。いい曲です本当に。
「MONEY」から「J・BOY」へとロック全開の流れでは、平均年齢がたとえ高くても(笑)はい、スタンディングです(でも決して縦ノリじゃない ^^;)

今回はMCで印象に残ったのが「最後の1ピース」という言葉。
確か「I am a father」の前だったと思うのですが(うろ覚えです 苦笑)・・・
「ステージ上のメンバーはみんな父親です。自分に子供がいないことが、以前は人生で何かが足りない、ジグソーパズルの最後の1ピースが足りないような、そんな気持ちがあったけれど・・・例えば海外にいる友人が僕に「子供の名づけ親になってくれ」と言う。とてもうれしい事だし、誰の子供でもいい、みんなで育てればいいんじゃないか。今はそんな風に思っています」というような内容だったと記憶しています。

私もなんだかんだと結局ここまで1人でやってきて、子供を持たない人生を選ぶ可能性もなきにしもあらず。いつか彼のように「最後の1ピース」を探す事になるのかもしれません。けれど、子供は嫌いじゃないけど大好きでもない(苦笑)私にとって、私が大切に思う人たちが、そして私自身が穏やかに過ごせること。そしてそこから生まれる柔らかい気持ちが最後の1ピースであってもいいんじゃないか・・・なんて事を曲を聴きながらつらつらと考えていました。
そしたらラストは「君と歩いた道」をPVを流しての演奏。いや~ウルウルと涙がでました。
 
♪もし15才のあの夏に戻ってそこからもう一度やり直せたら
 どんな人生送るだろう
 もし15才のあの夏に戻ってそこからもう一度やり直せても
 この人生を選ぶだろう
 君と歩いた道をもう一度歩くだろう♪

6時半開演のライブだったのですが、終了したのがなんと10時まわってました!
是非来年もライブやって欲しいですけど、本人も「そろそろ無理の利かない年」って言ってたから、ひょっとしてまた4年後?いやいや、それはダメでしょう(^^)

そうそう、「I am a father」と「Thank you」という2曲からイメージされた短編映画が公開されます。「I am a father」には時任三郎氏や吹越満氏が出演してます。会場でちょっと流してましたけど、なかなか良かったです。機会があればどうぞ・・・
EDIT  |  02:05  |  音楽  |  TB(1)  |  CM(8)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。