2005年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.10.25 (Tue)

『吉原御免状』を観て 

「吉原はこの世の極楽。そして地獄」

待ちに待った「劇団☆新感線PRODUCE」いのうえ歌舞伎『吉原御免状』を観てまいりました!今年最初の観劇が同じく新感線の「SHIROH」だったのですが、いや~今回も堪能しましたね!お得意のおバカなギャグも歌も封印しての真剣勝負、そう「大人の新感線(byいのうえひでのり)」です。加えて「吉原」が舞台だけに皆さん肌もいっぱい見せてます(笑)
いつにも増して期待を裏切らない出来ではやから「再演」を切に望みます。
DVD化されたら買い!ですね。やっぱ好きだな、この劇団(笑)

お話は・・・
宮本武蔵に育てられた剣士・松永誠一郎(堤真一)は「吉原に庄司甚右衛門を訪ねよ」という師の遺言に従い、江戸・吉原に赴く。折りしもその日は新吉原お披露目の日。まばゆい灯りと喧騒の中、花魁道中を繰り広げる勝山太夫(松雪泰子)と高尾太夫(京野ことみ)。勝山に心惹かれる誠一郎。しかし、ひとたび「甚右衛門」の名をだすと、とたんに夥しい殺気が誠一郎を取り囲む。「神君御免状」はどこだ!吉原を取り囲む裏柳生の長・柳生義仙(古田新太)に執拗に狙われる誠一郎。吉原の名主・幻斎老人(藤村俊二)と尼僧・八百比丘尼(高田聖子)により、吉原に隠された秘密、神君御免状の謎、そして自らの出生の秘密を知る誠一郎。見え隠れする傀儡子(くぐつ)の影。徳川の屋台骨を揺るがしかねない「神君御免状」を巡って、義仙と誠一郎の最後の戦いが始まる。

と、ものすごくザックリと書きましたが、今回は「隆慶一郎作:吉原御免状」という原作を元にしており、尚且つ、ほぼ原作に忠実な筋になってるそうですので読んでください、と投げる(笑)私は活字大好きっ子ではありますが「時代小説」は読まず嫌いなところがあって読んだ事がない。なので、この作家さんも小説も知りませんがこれを観終わった後、買っちゃいました、原作本(笑)読んでみたいと思った!まあ、それくらい私にはインパクト大でした。

新感線はオープニングセットの中に「タイトル」をバーンと出します。今回は吉原の大提燈に文字を浮かび上がらせてます。暗闇に浮かび上がる「吉原御免状」の文字で一気に江戸の町へとタイムスリップ。あとは回り舞台を効果的に使うことで、誠一郎達が自在に吉原の町中を動き回っているような錯覚を起こさせます。巧い!

堤さんと古田さんの殺陣。この二人は「野獣郎見参」の時も手合わせしてますが、あのときより格段の差です。「チャンバラ」と「殺陣」の違いとでもいいましょうか。ってまあ、月日が経てば当たり前ですか・・・。

誠一郎が吉原に来た当初の殺陣は、綺麗で美しい殺陣。なんていうか、人を斬っているとは感じられない、あしらうように斬る、そんな殺陣です。誠一郎はそれまで肥後の山中で世俗とは関係なく生きていた。けれど吉原に来た事で怒りや憎しみ、好いた女・勝山を死なせた苦しみや哀しみを徐々に心に溜めていく。クライマックスの義仙との対決シーン。「やっと人間らしくなってきたな」といわれる誠一郎。苦しみや哀しみが頂点に達した時、誠一郎は修羅となり心の底からの怒りで義仙に向かい、そして斬ります。いや~このときの堤っち(^^;)凄いです。全身から怒りの炎が見えました。とはちょっと言い過ぎ(笑)でもホント凄かった。カッコいいっ!元々お気に入りの役者さんではありますが、惚れなおします!!

古田さんも今回は完全な悪役。義仙の兄・宗冬(橋本じゅん)は将軍家剣術指南役の柳生家当主。戦乱も収まった天下泰平の今は、刀で事を鎮めることは逆に柳生を滅ぼす事になる。裏(柳生)は要らぬと義仙を諭すのですが、剣の力のみを信じる義仙には届かない。己の力のみを信じ、欲しいものを手に入れようとする義仙は不器用で正直すぎるのかもしれません。そんな義仙を、「御免状」を手に入れるためなら手段は選ばない極悪非道な人物を迷いなく演じていてこれまた凄かった。

吉原といえば花魁。今回は二人の太夫、牡丹に例えられる高尾と山桜に例えられる勝山。
艶やかな打掛に負けず劣らす美しい松雪さん。白鳥麗子は何処にもいない(って、また古い 笑)実は勝山は裏柳生のくの一。惚れちゃいけない誠一郎に惚れて義仙を裏切ってしまう。義仙の拷問による勝山の最期は本当に痛ましく哀しい。「殺して・・・」誠一郎の腕に抱かれ言った最期の一言「主さんに・・・惚れんした」(泣)いや~この一言で松雪さんを見直しましたね。って私だれ?(笑)
となると、もう1人の太夫・高尾役の京野ことみ。太夫として育てられ太夫としてしか生きられない、純粋培養の高尾を危なげなく演じてたと思うのですが、ん~(苦笑)
勝山を失い、修羅となって義仙を斬ってボロボロになった誠一郎に高尾は「(あちきの膝で)泣きなんし」と言います。が、どーも誠一郎を包み込むだけの懐の深さ(母性に近いものでしょうか)みたいなものが感じられなくて・・・。この場面、高尾の見せ場だったのに惜しいっ・・・。

そうそう幻斎役のオヒョイさんこと藤村俊二さん。ところどころセリフ噛みまくり(苦笑)の度忘れ状態で大丈夫かぁとマジ心配しました。ある場面では襖の後ろにプロンプターの気配を感じた私です。セリフが二重に聞こえたような気がしたもんで・・・(笑)いたのかなぁ、プロンプター。
あと、いつもながらにキッチリとみせてくれます、高田聖子さん。彼女が出ると何か安心します。なんでだろう・・・。新感線の母?
それから久々にみた梶原善さん。お元気そうで何より(笑)この人も、自分の領分でちゃんと遊べる人なんで観ていて安心です。

ところで、いつも思うんですけど、新感線を見ると殺陣を習いたくなる(笑)どっかで教えてくれるとこないかなあ。あ、単に刀さばきとかだけじゃなくて、ちゃんとカキーンって音響が入らないとヤダけど(笑)でも手数を覚えられなくて、斬られてばっかかも・・・(バカです)
冗談はさておき。休憩をいれて3時間。ちょうどいい感じでしたね。なにより原作のある時代物を、お笑いを封印してはいますが劇団の持ち味を生かしつつここまでエンターテイメントに引っ張りあげたことは、だてに25年やってないと、この劇団の底力に感心しました。(今年創立25周年だそうです。)
アンコールも結局6回?いや7回か?とりあえず、ずーっと手叩いてた(笑)舞台の上も客席もノリノリでした。

来年の演目は「メタル・マクベス」今度は洋物、シェイクスピアに挑戦らしいです。
さてさて期待しましょうか。
                          <2005.10.梅田芸術劇場>
スポンサーサイト
EDIT  |  00:54  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.21 (Fri)

『ベルベット・レイン』を観て

「あとは愛がたりない」

このコピーを見て「これで何でジャッキー・チェンがでてるんだろ・・・」と映画が始まるまでフツーに思ってました(苦笑)
違うやん!チェンじゃなくてチュンやん(笑)

で、お話は・・・
ある夜、冷静沈着・明晰な判断力で香港・黒社会に君臨する大ボス・ホン(アンディ・ラウ)の暗殺の噂が流れる。短気で猜疑心の強い兄弟分のレフティ(ジャッキー・チュン)は暗殺阻止に奔走する。そんな中、ホンの妻エミリー(ウー・チェンリェン)に息子が生まれる。守るべきものが出来たのだからと引退を勧めるレフティ。守るべきものが出来たからと暗殺者の黒幕をさぐるホン。二人の間に微妙な確執が生まれる。
一方、黒社会で一旗あげようとボス暗殺の実行者を選ぶディスコへ駆けつけるイック(ショーン・ユー)とターボ(エディソン・チャン)。賭けに勝った二人は夜の街へと飛び出していく。
そして降りしきる雨の中、二組の男達の運命が静かに大きく動き出す。

とまあ、出演者がダブりまくりの(笑 だってあの人も、ほらあの人もって感じなので)『インファナル・アフェア』と似た香りがする香港ノワール映画です。
黒社会モノにありがちな派手な銃撃戦もなく「誰が暗殺の黒幕なのか」「誰が実行者なのか」といった心理戦が展開しますが、難しくはないです。話にひねりはなし。
どちらかというと、ただひたすらラストのオチ一点に向かって突き進んでいくのみ、でしょうか。

確かにラストの「ホンとレフティ」「イックとターボ」が交互に映る刑務所のシーン、いわゆるオチの部分は「なるほどっ!そうきたか!」と思いましたが、ん~それ以外は個人的にちょっとダルかったかなぁ。多分、スローモーションが多かったせいかもしれません。PVを観ているような気になったこともしばしば。どうでしょう?
あと、ターボが何でそこまでイックを守ろうとするのか、二人の関係がイマイチ解らなかったことも原因かも。
でもさすがにアンディ・ラウとジャッキー・チュンの二人のシーンは、緊迫した雰囲気とか疑心暗鬼な心の揺れとかが出ててよかったと思います、はい。

あ、ラス前のワンシーンは一番のお気に入りかもしれません。
土砂降りの雨の中、ホンとレフティが肩を抱きながらレストランから出てきます。
その時カメラは一緒に踏み出す二人の足をスローモーションで映すんですけど、なんかね、すごくカッコよくて気に入りました。このシーンは。
その後、またもやスローモーションで刺客たちに襲われるホンとレフティを延々と映します(笑)ここでも銃を使わずに、刺客は牛刀みたいなので、ホンとレフティは素手と傘。勝ち目ないです・・・でもシーンとしては綺麗でしたね。
そうそうこの刺客達。誰が差し向けたのかって話なんですが、私はレフティだと思うんですが、どーでしょ?

綺麗といえばアンディ・ラウって長髪の方がいいと思うんですけど。雨にぬれた髪が頬にかかるところなんか、結構良かったと思うんですが・・・残念ながらすっころぶまでには至らず(笑)
そうそうイック役のショーン・ユーが「目ぢから入れた福山雅治」に見えてしょーがなかったというのも付け加えておきます(笑)

EDIT  |  01:14  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.10 (Mon)

『蜘蛛女のキス』を観て

またもや遅れてのアップです・・・
先月、キャパもこじんまりしていて観やすくて好きな劇場、ドラマシティにての観劇。
主演・今村ねずみ、山口馬木也

舞台は軍事政権化のブエノスアイレスの収容所。
その小さな監房に二人の男、モリーナ(今村)同性愛者で未成年者に対する背徳行為で、バレンティン(山口)は反体制運動の政治犯として収容されている。
モリーナは自分の釈放のために所長のスパイとなり、バレンティンから仲間や情報を聞き出すため、あれやこれやとバレンティンの世話を焼く。最初は反発しあっていた二人だが、あることをキッカケに急速に距離が縮まりやがて・・・

ストーリーはずいぶん前ですが、映画を観て知ってました。
今回、席は前から10列以内のど真ん中。オペラグラスさえいらないベストな席だったのですが・・・スイマセン、何度となく意識が飛びました(>_<)
正直つまんなかった、です。言っちゃった・・・

ん~なんででしょう?
私は「THE CONVOY」の今村ねずみ目当てで、友達は山口馬木也目当て。
彼女はラストウルウルしてましたけど、私はやっぱり「今村ねずみ=コンボイ」なんだと思ってみてました(苦笑)
後半、二人が本音で語りあうくらい心を許し、ついには体まで許しちゃうという展開になるのですが、そのナニの場面(笑)を舞台でみせるのはいいとして(個人的には舞台であまり生々しいのはパスですね。よっぽど巧くやってくれないと興ざめします。映画はフィルムが介在するからいいけど)、なんか独りよがり(二人よがり?)にみえて・・・。
バレンティンは最初はもっとモリーナの事を徹底的に突き放して拒絶してって感じだと、心を許した後の気持ちがよりはっきりしたんじゃないかと思うんですが、どうも最初から同性愛者としてや全てをひっくるめてモリーナを認め受け入れてるようにみえたから緊張感も感じられなくて・・・。
モリーナには軍事政権化の中で同性愛者として生きてきた「強さ」みたいなものが感じられなくて、今村モリーナが可愛過ぎたからでしょうか。大体今村ねずみって線が細いし・・・
ラストはお互いのその後をお互いがナレーションする手法をとっているのですが、これももうちょっと何とかならんかったのかぁ?と生意気にも思う(苦笑)
でも、数度のアンコールが湧き上がったから大半の観客とっては良かったんでしょうね。
・・・ん~残念です。

EDIT  |  23:05  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.04 (Tue)

『ヒトラー ~最後の12日間~』を観て

観てすぐは結構重くて書く気にならなかったのですが、あんまりほっておくのもどうかと思い書き留めておきます。

タイトルの通り、あのナチス総統であるアドルフ・ヒトラー(ブルーノ・ガンツ)の最後の12日間を描いた映画ですが、女性秘書ユンゲ(アレクサンドラ・マリア・ララ)の目からみた形をとっています。
あらすじや登場人物(結構多いです)などは公式HPを見てもらった方がいいかと思います。

飛び交う砲弾の音。
次々と逃亡する側近達。
既に壊滅状態となったベルリンを見て「焼け野原になる利点が一つある。新しい都市を作るのに壊す手間が省ける」と嘯くヒトラー。
ソ連軍の攻撃に次々と倒れる市民に「国民には同情しない。彼らが私を選んだのだから」と叫ぶ。

信じていたものが目の前で崩壊していく時、彼らがとるそれぞれの行動。

間違っていないと自らを葬り去る者。
信じていたものと一緒に消えてゆこうとする者。
そして、信じていたものが間違いだったと気づき自らの再生を願う者。

「若いから解らなかったでは許されない。しっかりと目を見開いていれば気づけたはず」
ラスト、生き残った秘書ユンゲ本人が画面から語りかけます。
この言葉が「全て」を表している、そう思います。
EDIT  |  22:41  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.10.02 (Sun)

勝った! VS 「暫くたってから・・・」

先日、サザンの「12月大阪ドームライブ先行電話予約」にチャレンジし、ものの見事に玉砕した件をエントリしました。
あ、ちィさん、その節は言葉足らずで誤解させてしまってすいません・・・

で、あの後またもや別チケット業者の先行予約があり、再度チャレンジ!
どうも最近の私は一度凹まないとやる気モードに火がつかないようです(苦笑)

今回は平日(それも月末)の夜19:00スタート。
うまくいけば、とっとと会社を出て電話に専念できる予定でしたが、そうは問屋が卸さない。
結局ジャストの時間には、ようやく机の上を片付ける有様・・・
ええ、リダイヤルしながら片付けました(笑)

駅までの道も歩きながらリダイヤル。
「ん?ここで繋がったら道端でしゃがんで予約番号書き留めるのか?(バカですね~)」などと考えながらリダイヤル。

相変わらず架けても架けても「大変込み合っております。暫くたってからおかけ直しください。」
「だから暫くっていつよぉ!」と1人突っ込み状態でとうとうお家へ到着してしまいました。

やっぱダメか・・・
と思った瞬間「こちらはナビダイヤル・・・」
よしっ!!!(笑)
なんと開始から1時間以上たってから繋がるのもラッキーなら、「お座席をご用意いたします」のアナウンスが聞けるのもラッキー。
繋がっても「予定枚数を終了しました」って言われることもあるし・・・

そうそう、皆さんって大体どれくらいで「こりゃダメだ」と判断して戦線離脱されるんでしょう?
私は一応30分をメドに、徐々にリダイヤルの間隔が長くなる、かな・・・
早くに諦めすぎ?これじゃダメですかね(苦笑)
今回は平日夜だったので、早々に完売ってことは無いと踏んで、いつもより長くリダイヤルしたのが功を奏したのでしょうか・・・

そんなダブルラッキーな予約番号をとっとと引き換えにいったところ、なんと「アリーナ」?!
トリプルラッキーなの???
てか、出来る事なら幸運はばらけて欲しいんですけど(苦笑)

と言う訳で無事手にしたチケットを感慨深く眺めております(笑)
ホント久々の電話予約チャレンジでしたが、疲れた~。
EDIT  |  17:04  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.10.01 (Sat)

『チャーリーとチョコレート工場』を観て

イギリスの児童文学のベストセラー「チョコレート工場の秘密」が原作ですが、個人的には子供には見せないほうが・・・っていうかきっと「見せても解んないだろうなぁ~」と思う、大人向けのちょっとビターな映画です。
んで、ウチのジョニデ、いい仕事してます(笑)

お話は・・・
よく建ってるなぁと感心するくらい傾いた家に、両親と両方のお爺ちゃんお婆ちゃんと暮らしているチャーリー少年(フレディー・ハイモア)。ホントどんだけビンボーなんだ!って思うくらい貧しい暮らしの中でも、家族の愛情に包まれて決して卑屈になることなく幸せに暮らしているチャーリー。誕生日にプレゼントとして買ってもらえる板チョコが大好きなチャーリーにとっては、家のすぐ側にある15年間硬く扉を閉ざした「ウォンカ(ジョニー・デップ)のチョコレート工場」は憧れの場所。
ある日「ウォンカの板チョコに入ったゴールデンチケットを引き当てた幸運な5人の子供を工場見学に招待する」と工場主のウィリー・ウォンカが声明を発表。
やがて、世界中にばら撒かれたゴールデンチケットが次々と引き当てられていく中、最後の一枚を当てたチャーリー。そしていよいよ招待の日。5人の子供たちの前に現れるウォンカ。そして工場の中で彼らが目にしたものは・・・

私は原作の児童文学書を読んでいないのですが、かなり忠実に脚色されているらしく、それは「正直で心優しい少年が最後には幸せを手にする」という教訓的なストーリーがベースになっているようですが、それだけだったら「文部省推薦映画」かと。ウチのジョニデに出番はない?
そこはなんといってもティム・バートン監督!そこここにブラックユーモアを散りばめ、正直ヤバイです(苦笑)
ん~ポイントは15年間今で言う「引きこもり状態」になったウォンカの過去(ちょっとウルウル系)と工場の働き者・小人族の「ウンパ・ルンパ」とくるみ割り要員の100匹のリス(笑)かと。

招待された5人の子供&保護者は一癖も二癖もある子ばかり。
あ、チャーリーを除いてね(^^)
彼らは今まで「子供だから」と大目に見られていた蛮行を、ウォンカの工場でもやっちゃうもんだから、当然ながらウォンカの「お仕置き」を受ける事になるのですが・・・1人1人「お仕置き」の方法が違います。チョコレートの川に流されてったり、巨大なブルーベリーになっちゃったり。で、それぞれに「ウンパ・ルンパ」が歌い踊りながら奈落の底へ突き落とします。最初は「荒井注(古っ!)」に見えてしょうがなかったウンパ・ルンパのお仕置きダンスもなかなかファンキーです。けど、さすがに4人目ともなると私には食傷気味・・・(苦笑)

画面にはカラフルなお菓子で彩られ、ウンパ・ルンパの歌やダンスに目を奪われますが、この話の根底にあるのは「父と子」そして「家族の大切さ」かと。なんといっても児童文学~(笑)
厳格な歯科医の父親により大好きなチョコレートを食べられなかったウォンカ少年。やがて父の元を飛び出し大好きなお菓子を、チョコレートを作る工場を建てるまでになっても心の奥の寂しさは消せなかったのか・・・ウォンカはピチピチの紫の手袋をいつもしています。それは歯科医の父親がいつもしていた治療用のゴム手袋の代わりだったんだろうな、とふと思いました。ライナスの「毛布」みたいな感じかな(笑)

巨大なチョコレート工場を作って有名になっても、工場の中では一人ぼっちです。たとえ何百人のウンパ・ルンパがいても(苦笑)
孤独なウォンカと貧しいけれど「暖かい家族」がいるチャーリー。
最後はそんなチャーリーがウォンカ親子を和解させるのに一役買います。ウォンカ親子の抱擁。なかなか魅せます。で、ちょっとウルっとする(^^;) そして、めでたしめでたし、と(笑)

さて・・・きっと皆さんが目にする「白塗り・おかっぱ頭・シルクハット姿」のジョニデは、ファンじゃなければもう、妖しさ、いや怪しさ100%でイッちゃってる感ありありだと思います。(←意味不明~ 笑)『パイレーツ・オブ・カリビアン』以来のコスプレ状態のジョニデですが、やはりこういったちょっと現実離れした作りこんだ役は抜群にうまいなぁといつもながらに感心。
前作『ネバーランド』とは180度違う姿を見せてくれて大満足でございます(^^)
EDIT  |  01:40  |  映像・舞台  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。