2005年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.01.30 (Sun)

『ネバーランド』 そこは夢がかなう場所

嘘はつかない ネバーランドに連れていくよ

初のオスカー受賞なるかと言われているジョニー・デップ主演の愛情溢れる物語。
「西のヨンヨン、東のジョニー」と私の中で格付けされているジョニー・D
前作の『シークレット・ウインドウ』は「・・・あぁ」と肩を落としたけれど、今回は見事復活!

お話は、20世紀初頭のロンドンで劇作家ジェームズ・マシュー・バリが、あの有名なピーター・パンをどうやって生みだしたかというのが、緑あふれるケンジントン公園や社交場と化した華やかな劇場を舞台に語られていきます。

劇作家バリ(ジョニー)は新作の初日、舞台の袖から客席の反応を覗き見ては落ち着きなくステッキで赤いカーペットの敷かれた床を叩いていた。「失敗作」・・・新聞の劇評も最悪。今では気持ちがすれ違ってしまった妻メアリー(ラダ・ミッチェル)はそんなバリに慰める言葉さえ素直に出て来ない。失意のバリは愛犬(←びっくりするくらい大きい)をつれて公園へ。ベンチに腰掛け、革表紙のノートにペンを走らせているバリの耳に「すみません、僕の袖を踏んでいます」と子供の声が。この映画で「子役が凄い」と聞いていたので、私はてっきりこの子がそうかと思ったのですが、違った。けど、この4男坊マイケル(ルーク・スピル)もイイです。かわいいし。こうしてバリは未亡人シルヴィア(ケイト・ウィンスレット)と4人の息子に出会います。

公園で「ごっこ遊び」に興じるジョージ(ニック・ラウド)ジャック(ジョー・プロスペロ)マイケルから1人離れ、冷めた目で見ている3男坊のピーター(フレディ・ハイモア:この子がジョニー&ケイトをもってして「凄い」と言わせた子でした)は、繊細すぎる故に空想の世界へ飛び込む事を拒否し、父親を亡くした今は、少しでも早く大人になろうとしています。そんなピーターを見て幼い頃の自分を重ねあわせるバリ。
ある日、バリ達は凧上げをしようと出掛けます。この凧上げエピソードくらいから実は私、泣いてました(>_<)って言うか勝手に涙が流れてきて、自分でもびっくり!
そして、この辺りから格式を重んじ、気位の高いシルヴィアの母親モーリエ夫人(ジュリー・クリスティ)の言動が比重を増し話を引き締めていきます。また疎外感を埋められないメアリーもバリとシルヴィアの仲を疑い、バリの日記を盗み見ますが何もなく結局ますます疎外感を強めていってしまいます。

4兄弟と一日の大半を過ごすようになるバリは彼等からインスピレーションを得て、新作を書きだします。劇場に遊びにきた4兄弟。バリとの交流の中で、ピーターも少しずつ心を解し、また、書くことに興味を持ちます。そんなピーターにバリは革表紙のノートをプレゼントして言います。
「今度の新作の登場人物に君の名前をつけてもいいかい?」

新作「ピーター・パン」の準備をするバリの耳にシルヴィア達家族との交流がよからぬ噂となり入ってきます。バリは一家を醜聞から守る為別荘へ避難させます。しかしそこでシルヴィアは病に倒れます。大丈夫だといいはるシルヴィア。「大人の嘘なんて、みんな同じだ」半端じゃなく取り乱すピーターをバリは黙って見つめています。
ロンドンに戻るも病院に行くことを頑として拒むシルヴィア。長男ジョージもどうしていいかわからずバリを訪ねます。「お母さんをお医者さんにみせよう。でもそれは君がしなくちゃいけないことなんだ」バリの言葉を黙って聞くジョージの顔はその時「守るべきものをはっきりと自覚した1人の大人」としての表情に変わっていました(←ホント必見)「君は今10秒で大人になったんだ」この場面は私の一押しです!
そして涙も流れ続けます(T_T)

そんな中「ピーター・パン」が初日を迎えます。バリは興行主のチャールズ(ダスティン・ホフマン)に『25席』を劇場内に散らばって押さえておくよう言います。
「芝居=プレイ=遊び」前作がコケた時にチャールズとのやり取りの中ででた言葉にヒントを得たバリは、新作をうんちくばかりで判断する大人達だけに委ねず「ワクワクはワクワクと」そのまま感じる子ども達に見せることで大人達の心にある垣根を取り払おうとします。結果、劇場は笑い声で満ち溢れ舞台が大成功をおさめます。

一方、医者に見てもらうも舞台の初日に行くことができず臥せるシルヴィア。そんな彼女を訪ねるバリですが玄関でモーリエ夫人がこれ以上関わらないでくれと立ちはだかります。そこへすっかり「大人」になったジョージがピシャリと言い返します。エライ、ジョージ!やっぱり私は皆がイイと言うピーター役のフレディ君よりもジョージ役のニック君を褒めたい!
そして、いよいよシルヴィアの命の灯が消えそうになる時、バリは彼女との約束を果たそうとします。シルヴィアと子供達(夫人も)に「ネバーランド」をみせるバリ。
「いいかい。少しの想像力とそれを信じる心を持って見るんだ」子ども達の、そしてシルヴィアの目には確かに「ネバーランド」が見えたのです。そうしてシルヴィアは「ネバーランド」へ旅立っていきます。

ラスト・・・公園のベンチに座るバリとピーター。父親を亡くした時と同様に母をも亡くした今、ピーターは再び心を閉ざそうとします。バリはピーターを優しく抱きしめます。「想像してごらん。そして信じるんだ。そうすればいつでも会える」
目に涙を溜めピーターは言います「母さんが見えるよ・・・」(T_T)

淡々として抑制の効いた演出や感動一辺倒じゃなく、クスっと笑える演技がさりげなく挿み込まれていて見ていて自然と涙が流れる・・近頃稀な作品だと思いました。実を言うと「ピーター・パン」の舞台を見たことも本をきちんと読んだこともなく「大人になりたくない子どもの話でしょ」と思いっきりはしょって思い込んでました。でもこの映画でピーター・パンは「早く大人になろうとしている子どもからできた話」なんだと思うとなんだかちょっと切なかったりする。映画は全編通して「現実」と「想像」が上手くミックスされ、何処からが想像の世界なのか(特にシルヴィア達がネバーランドを見る場面)ホント見ているこちらが想像しなくちゃならなくて、上手い演出でした。ただ、そうは言っても個人的にはバリと結局別れちゃう妻メアリーの葛藤があまり見て取れなかったり、もう少し4兄弟のそれぞれが「大人」にならざるを得ない描写が欲しかったなと思ったりもします。
いずれにせよ『想像力と信じる心』は持っていてソンはない、と心に刻んでおこうと思いました(^^)
スポンサーサイト
EDIT  |  01:17  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.01.19 (Wed)

劇団☆新感線RX『SHIROH』

新春観劇第1弾!は・・・劇団☆新感線RX 『SHIROH』

好きですね、新感線って。おバカなギャグには時として思いっきり引いてしまうけどこの劇団特有の「疾走感」は捨て難い。いのうえ氏言うところの「なんちゃってミュージカル(←ようはパロディー)」は今までにもありましたが、今回は本格的オリジナルロックミュージカルで勝負!です。セリフのほとんどを「歌」でいくので(レ・ミゼと同じかな)かなり本気で歌える役者をそろえてます。力はいってます(笑)

お話は・・・徳川3代将軍家光の頃。九州・島原ではキリシタン弾圧が激しさを増している。隠れキリシタンの指導者、益田甚兵衛は「神の御子」である息子の四郎時貞(上川隆也←見直した!)に挙兵を促す。確かに昔、四郎は奇跡を起こす「力」を持っていた。しかしある出来事をきっかけに既にその「力」は失われていた。苦悩する四郎は自分にしか見えない少女リオ(大塚ちひろ←大当たり!その1)に問いかけます。「力を失った私は神の御子ではない。私はどうすればいい」リオはただ見つめるだけです。四郎は助けを求め「さんじゅあんの闇市」へ向かい、そこで一人の少年シローに出会います。
天草の海岸で異人の子達と難破船に住むシロー(中川晃教)は不思議な力(人の心を操る歌声)を持っていた。「ここに居場所はない」と仲間達と難破船を修理し自由な海へ出ていきたいと願うシローに江戸から来たお密(秋山菜津子←大当たり!その2)が声をかけます。「その歌声を天草の人達に役立てる気はないかい」

闇市で出会った「四郎」と「シロー」の前にキリシタン目付が現れます。とっさに歌声で敵を操ろうとするシローの前にリオが現れ言います「今は歌わないで!」シローは掴まり牢獄へ。間一髪、闇市の元締め寿庵(高橋由美子)に助けられた四郎は自分にしか見えないはずのリオが見えるシローを目の前にして戸惑います。そんな四郎のもとに父甚兵衛や姉お福(杏子)が捕らえられたと知らせが。ついに四郎は兵を挙げます。一方、牢獄にいるシローの前に再びリオが現れ言います「歌って、シロー」・・・やがてシローも甚兵衛達に向かって生きる希望を歌います。四郎とシローに導かれ内と外から牢獄は破られ、ついにキリシタン反乱軍が反旗を翻します。

その頃江戸では、老中・松平伊豆守信綱(江守徹←ピッタリ)が打開策を練っていました。が、もとはと言えば伊豆守が隠れキリシタンや豊臣の残党など戦国の名残りを一気に始末しようと画策し、伊賀のくの一お密とお紅(高田聖子)らに探させた「火種」が、島原・天草の二人のSHIROH
一時は優勢だった反乱軍は徐々に追い詰められていきます。幕府軍の砲弾を浴びる原城の中で「二人」はお密から伊豆守の本当の狙いを聞かされ・・・翌朝、幕府軍の集中砲火の中、3万7千の反乱軍は次々と命を落としていきます(このあたりは効果音やアンサンブルの歌声でかなりウルウルきました T_T)甚兵衛も寿庵もそしてシローさえも。独り残った四郎は神に祈ります「力を・・奇跡を」四郎は寿庵の代わりに神に召され、寿庵に3万7千の命の上に成り立つ「天下泰平」の世を見届けるよう願う。

いや~新年そうそう堪能致しました。最初にも書きましたが「歌える役者」がそろっているので安心感、安定感が抜群でした。ミュージカルの場合、アンサンブルが聞きとりにくいことがあったりすると一気にテンションが下がるのですが、なかなかどうして一言一言ちゃんと「言葉」が聞き取れる。これって結構スゴイです。パンフをみたら、やたら音大出とか元劇団四季とか、ま、当然ちゃ当然ですかね・・・
メインキャストも「めっけもん(笑)」揃い!
中川クン(サンじゃないな)は今更言うこともないくらい歌は完璧。多分芝居だけだと弱い部分も見えると思うけど、今回はミュージカルでなおかつ「歌」で人を操る御子役なので「歌」でOKかと(甘い?)
で、一番はなんといっても秋山菜津子さん、あんなに歌えるとは正直ビックリです。ストレートプレイでよくお見かけしてましたが、もっとミュージカルに出るべきじゃないかと個人的には思います。ホント凄い!大塚ちひろちゃん(まだ10代らしい)も透明感あるストレートな伸びある声で、これまた将来的に期待大。
そして、上川隆也!いや~見直しました。もともとあんまりタイプじゃないので(笑)可もなく不可もなくってラインにいらっしゃいました。あ、「白い巨塔」の弁護士役は主役を喰ってたと思います、はい。前宣なんかで「歌がダメ」としきりと言ってたので「ミュージカルに出るのにそれはないでしょ・・・」だから、彼の第一声を待つ時はまるで母親の気分(笑い)「声、出てーー」とマジ祈っちゃいました。
イイ声です、ほんと。ただ、今回相手が悪かった。中川クンじゃ勝ち目ない。芝居はもちろん安心して見られるんですけどね(笑)
あと杏子にしろ高橋由美子にしろ江守徹(一番歌でソンしてたかも)にしろ、今回の公演はメンバーが揃いすぎて・・・だからチケット代高いのか?
新感線のメンバーは当然張りきり度100%でよろしゅうございました(笑)

一ついえば、もう少しコンパクトにまとめれば(上演が休憩入れて多分3時間半くらい?ちょっと長い)メリハリがついて良かったんじゃないかと素人は思います。四郎のシローの「力」を羨ましく感じる屈折した感情なんかをもっと前面に出してもよかったかも・・・
出来れば「再演」を望む演目ですね。これは・・・
EDIT  |  01:06  |  映像・舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.01.17 (Mon)

ずっと忘れないでいること

世界中どんな場所にいようと、見上げれば平等に太陽が昇り1日が始まる。
それなのに、牙を剥いた自然や争いでそれがある日突然奪われてしまう現実がある。

形ある物はもう一度造りなおせばいいけれど、二度と造りなおせないものは覚えておくしかない。そこに確かにいたこと、「数」ではなくそれぞれの人生があったことを。

ずっと忘れないでいることは難しいけれど、でも一番大切なことだと思う。

EDIT  |  00:59  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。