2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.12.31 (Fri)

よいお年を

何年か振りにあたり一面の銀世界・・・全てがすっぽりと雪に覆われた静かな夜です。

白い雪は「モノ」だけでなく「音」も隠してしまいます。良いも悪いも関係なく・・・

幸いにも人には想像力というものがあります。
隠されたモノは何なのか、隠された音はどんな音だったのか、想像力を働かせてみましょうか。

雪解けのあと、皆さんに素敵な1年が訪れますように・・・

            by sera

スポンサーサイト
EDIT  |  23:36  |  雑感  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.12.31 (Fri)

観る聴くその2

「時間がない!ない!!」といいつつ、「観る聴く」を完全に外す事はできません・・・
てなわけで、2010年の観劇・ライブを一気に書く(笑)

・5月  新感線☆RX「薔薇とサムライ」
・6月  朗読活劇 ”一期一会” 「義経」
・8月  「広島に原爆を落とす日」
・10月 「ハーパー・リーガン」
     平安神宮 月夜の宴
・11月 劇団☆新感線「鋼鉄番長」
・12月 ミュージカル「ファントム」
     吉例顔見世興行
      大人計画「母を逃がす」

今年はせっかくチケット確保できた「桑田佳祐ライブ」が公演中止となり、ライブは10月の野外セッションライブのみでちと寂しい。出演者は「スガシカオ、久保田利伸、JUJU、CHEMSTRY、吉田美奈子」とお得感いっぱいだったのでよかったのですが・・・

ご贔屓の「劇団☆新感線」は今年30周年興行だったので、春は客演に天海祐希を迎えての「音モノ」、秋は劇団員メインの「おふざけ全開バージョン」が、思わぬ落とし穴!秋公演開始後に主演と客演者の1人が病気と怪我で降板。あわや公演中止かとおもいきや、数日の公演中止で代役を立て続行。中止としなかったのはよし、代役も短期間の稽古でよくやった、とは思えども、やはり初日から千秋楽まで」演じきるのが役者の最低限のマナーとも思っているので、ん~苦しい(苦笑)。30周年公演はまさしく「記念」の公演でした、はい。

あまりこのblogでは書いてないと思いますが、大沢たかおも実は贔屓の役者の1人。何気にドラマはチェックしてるし、舞台も観てます。その生「大沢たかお」を今年は2度も拝みました(笑)
「義経」は奈良・薬師寺の野外特設舞台での1人朗読劇。野外っていろんな自然現象をも包み込んで処理し演じないといけないのですが、なかなかどうして頑張ってました、たかおクン(^^)
もう一つの舞台「ファントム」は再演ものですが、ええもちろん初演時も観てます(笑)その時の感想はこちらなんですが、残念ながら基本ラインは初演と変わらず、でも、本人に関しては成長したように思うし(上から目線 ^^;)ストーリーも「母」を出さずに「父と子」の部分だけに絞り、父親キャリエール役の篠井英介がとてもよくて全体的にレベルアップした感がありました。とはいえ、ヒロイン役(杏)は天使の歌声には程遠く、なんか一本調子で背格好がよかっただけに・・・残念!
映画やブロードウェイでの「アンドリューロイドウェバー」版では「怪人」は最後まで「怪人」。こちらは「怪人」には「エリック」という名があり、オペラ座の地下でしか生きることが許されなかった彼の哀しみや苦しみが人としての「個」を通して伝わってきます。キャリエールの腕の中で息絶えるエリックとの2人の最後のやり取りにはウルウル・・・お歌はこの際横に置いといて(^^;)一応、この公演は「ファントム最終章」と名打たれてましたが、2度残念なヒロイン・クリスティーン。この舞台をミュージカルとするなら是非とも「天使の歌声」のヒロインとの再演を望みます・・・って、それじゃぁたかおクンにはツライか・・・(^^;)

で、ファントムの演出、鈴木勝秀氏と相性があまりよくない事は以前書いたのですが、実は長塚圭史氏も「ハーパー・リーガン」を観てその部類に入ると確信していまいました。小林聡美さんを観たかったのが一番に理由ですが・・・全てを観客に投げ出されてもそれってどうよ・・・ダメだったなぁ。
EDIT  |  15:48  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.12.29 (Wed)

観る聴くその1

忙しくとも観るものは観る、聴くものは聴くってことで(^^)隙間をぬって見聞きした舞台やライブの羅列の前に・・・

なかなか盛り上がりましたね、フィギュアスケート。
オリンピック(の結果は、ん~ちょっと^^;)が終わった後は何となくまったりとした空気感が感じられるのですが、GPや先日の全日本選手権は結構がっつりと見ました、TVですけど(笑)ただ、あの煽りまくるナレーションやキャッチコピーには頭痛くなります、なんとかならんのかホントに。

男女とも裾野がひろがり、レベルも上っていて感心・・・何の思惑が働いてるのか(苦笑)過去ゴールデンではみたことのないジュニアの試合も部分的に映っててビックリ。さすがというか、やはり世界のトップレベルの選手と、まだ下位にいる選手とは、素人目にみてもその差はあきらか。スピンにしても軸がブレブレとか、技が綺麗につなげられてないとか、ホント全然違いましたね。
男子はやっぱり高橋選手が魅せるし、女子だと「駆け引き」って言葉がでるなんて本気で成長したなぁと感じる安藤選手は結構注目かなぁ。浅田選手は・・・ちょっと横に置いといて。
そんなこんなで勢いで(笑)世界選手権のチケット確保を真剣に検討中・・・
東京だし休みもあるし(^^)

と、録画してた全日本をつらつらみながら思ってるところに出たぁ~!大沢たかお(&斗真)の車のCM☆
最近のお気に入り(^^)v
EDIT  |  00:00  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.12.18 (Sat)

復活・・・!?

「まとまった時間がとれたら再開できるかなぁ・・・」と思ってましたが、いったいいつになったらそうなるのかますます判らない状態に陥ってきた今日この頃(苦笑)
誰が見てくれてるのかわかりませんが、とりあえずまず一歩から・・・
EDIT  |  23:03  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.12.31 (Thu)

よいお年を

今年は「CHANGE」という言葉がいろんな場面で使われました。

変えること、変わること。

「変えること」がもてはやされるきらいはあるけれど、変えない勇気も大切・・・私はそう思っています。

このblogで5回目の年末のご挨拶です。

新しい年に、私に、このblogにどんな「CHANGE」が訪れるのか、あるいは「不変」なのか・・・見守っていただけると幸いです。

良いお年をお迎え下さい・・・
                 by sera

EDIT  |  20:51  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.10.25 (Sun)

『鐘』はVancouverに鳴り響くか、それとも

バンクーバーオリンピックに向けてのスケートシーズンが始まりましたが、何だか雲行きが怪しいですね、浅田選手・・・

フランス大会のキム・ヨナ選手は完璧な仕上がりで、逆にこの状態をあと数ヶ月も持続させられるかという、ある意味贅沢な悩みがあるように思えるのですが(大きなお世話 笑)
一方、浅田真央選手は根本的に「よかったのか?このプログラムチョイス・・・」と、素人は大きなお節介を焼いてしまいそうです(苦笑)
何でもSPの曲を変更する動きがあったようですが、トリプルアクセルが確実決まって初めて評価がプラスに転じる(ような)現状では、それで全てが解決するとは思えず・・・
フリーは流石に今から変更することはないでしょうけど、けど、どうにもこうにも曲が重い!(^^;)過去にも様々な選手が勝負曲に使用してきた曲ですが、彼女の、ある意味ジャンプを含めた持ち味の「軽さ」の対極にあるメロディ・・・滑りにくいのではなかろうか、といらぬお節介が頭をよぎります。
何とか軌道修正をかけて、バンクーバーのリンクにまずは立って欲しいものです。

で、もう1人、安藤選手。ロシア大会での優勝、なによりです(笑)
以前「上昇気流に乗ってバンクーバーの表彰台にストンとおりそうな気がする」と書きましたが、予感は当たる???(^^)
安藤選手は前回のオリンピック以後、なかなかいい感じで上手~く「成長」してきたように思うので、そういった精神面の成長はきっとプラスに働くだろうし。期待が持てますね。今はまだ完璧ではないプログラムですが、ようはピークをどこに持っていくかってことが重要なわけで。この点もまだ充分に間に合うかと・・・あと、個人的にフリーの衣装がすごく気に入ってます(^^)

そんなこんなのスケートシーズン開幕の感想でした。
EDIT  |  22:17  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.06.29 (Mon)

海のファラオに会いに

今週末にかけて勉強会出席のため、またもや東京へ(><)

ちょうどバーゲンの時期に当たるかとは思うけど、個人的に「夏のバーゲン」ってあまりチカラが入らないので(なんか夏物ってお得感が感じられなくて ^^;)、とっとと帰るか!と思ってましたが、気がつけば横浜で「海のエジプト展」が開催中じゃございませんか!

元々エジプトの遺跡好きで(発掘番組はチェック&死ぬまでには行きたいなぁと思ってる ^^)、おまけに海底に沈んでいたファラオの像なんてビジュアル的にも大好物(笑)
とはいえ、横浜にはほとんど下り立ったことがないので、ちょっとドキドキ。
EDIT  |  00:05  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.06.28 (Sun)

続・表現力という呪縛

すぐ続きを書けなくて、季節はどんどん夏だし「今更なぁ~」とも思ってましたが、浅田選手のオリンピック勝負曲(苦笑)のニュースがでてたので、まっ、いいか!
それにしても、「仮面舞踏会」と「鐘」ですか・・・ラフマニノフの「鐘」は、よく使用されるそれこそ「勝負曲」のようですが、聞いた限りでは「いいのかなぁ~このチョイス・・」と思わずにはいられない。ごめんなさい(><)なまじ飛べるだけに「(トリプルアクセルを)飛びたい」というアスリート寄りの気持ちが強い(と思う・・・)彼女の場合、あまり曲にストーリー性があるとそれに縛られて構成が制限されてしまうだろうから、こういった曲の方がいいんだろうなとは思いますけど。(素人考え ^^;)

ところで・・・ちょっと前にイギリスのオーディション番組「Britain's Got Talent」に出場し、その歌声とあまりに素朴すぎるパフォーマンスで話題となり、YouTubeにアップされるやいなや瞬く間に話題となり、惜しくも決勝で敗退したスーザン・ボイルさんってご存知ですか?いきなり脱線モード・・・(^^;)
私は偶然とあるblogで紹介されていた「見逃しちゃダメ!」というコメントに軽くポチッてみたのですが、これがなんとまぁ!!!日本語訳付きがあったので(こちら)です。
いやぁ~泣いちゃいました(^^;)彼女の第一声を聞いたとたん何だかウルウルしてしまって。正直、外見や年齢、歌前の受け答えから、審査員も言ってるけど期待なんてせず、でもひとたび彼女が歌い出すとその歌声が圧倒的なチカラを持ってこちらに届いてくる。ビックリしました、いやホント!
歌のタイトルはレ・ミゼラブルの中の一曲「I Dreamed a Dream 夢やぶれて」
タイトルが示すように、どん底に落ちた女の見果てぬ夢を歌った歌です。悲しく切ない曲だけど、彼女はそれに対して過剰にならず、逆にナチュラルさを持って歌いきった。歌が好きで「プロの歌手になりたい」という「夢」を、世間からみれば既に「破れてしまっている夢」を、それでも精一杯その歌声に込めた。PCの小さな画面で見ても心が揺さぶられたのだから、会場にいて生の歌声、そのパフォーマンスを見た人々は正に鳥肌もんだったと思います。人を感動させるのはとても難しい。今更私が書くまでもないですが(笑)
で、元々の話に戻りますが、それがスポーツであり、かつ、観客を感動させジャッジにそれを反映させなければならない競技であるフィギュアとなると・・・。

カルガリーでの「カルメン by カタリーナ・ビット」はアーティステック重視派の私には大のお気に入り。荘厳な鐘の音を始まりの合図とし、最後、鐘の音に送られて氷上に横たわるまで「カルメン」としてその曲の持つストーリーを最大限生かしきったプログラム。まさに女優のようにカルメンを演じ、観客、ジャッジを自らの世界へ引きずりこんだ。一方、トリノの「誰も寝てはならぬ ~トゥーランドット~ by 荒川静香」は、その曲の持つストーリーは追わず、けれどポイントにはならないのを承知のうえでイナバウアーを組み入れ「スケーター荒川静香」をオペラの曲色に完璧にのせて、観客にスタンディング・オベーションを起こさせた。
どちらの方法が、どちらのタイプがいいかという比較問題ではないし、例えばキム・ヨナ選手と浅田選手がどちらのタイプといったことも意味のないことだとは思うけれど、ただ、ビット選手と荒川選手のどちらも「これが私だ」という確固たるものが4分の中に凝縮され表現されていたと思います。

キム・ヨナ選手はどんな曲でも、どんなプログラムでも、演じる・表現する中に「これが私」というものが見える。これは強いです。そしてこれはジャンプの大技が飛べなくても充分通用するチカラ。一方、浅田選手はこの辺りが弱いというか「私」が見えない。(個人的にそう見えるんですけど・・・)
「トリプルアクセル」は飛べるけれど、技である以上リスクはつきもの。リスクを少しでも回避するためには精度を上げることはもちろんだけど、プラスα「表現力」が必要。じゃあどうすれば・・・と皆が考え、バレエを習い細やかな感情表現に腐心する。もちろんバレエや演劇の練習を取り入れ、指先まで神経の行き届いた振り付けをこなせることは大切でしょう。そういった「技術」がなければ届くものも届かなくなってしまうのもまた事実。「表現力」というチカラは訓練すれば一定のレベルまでは身につくだろうけど、本当の勝負域に入った時には、本人が何を「届けたい」のか、どう「演じたい」のか、つまりは「これが私なんだ」といえるものを4分の中にストレートに出すことができるかどうか。
それまでの自分の軌跡の集大成として現れるのが「表現力」だとしたら、結局は自分自身でしかないわけで・・・。スーザンさん然り、ビット選手も、そして荒川選手も・・・。

というわけで、いつもの如く支離滅裂な文章とあいなりました(苦笑)
兎にも角にもそれぞれの選手のこの1年が有意義なものであるよう祈りたいです、はい。
EDIT  |  23:53  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2009.05.21 (Thu)

ひとつ飛ばして

神戸、大阪ときたら次は京都かとおもいきや・・・
週明けからpigさん、もとい新型インフル対応に振り回されております(><)

大阪には関西圏の統括部門があるので、そこが今回のような事で「押さえ」られちゃうとそれなりの影響がでます。取りあえず月末迄に開催予定の研修や会議は延期・・・その対応に加えて、やれ入り口に消毒液を置けだの非常用キットの配布作業だの五月雨式に指示がくるから、ったく。

見えないウイルス相手ってのが、また何とも言えず脱力感を伴います、はい。ほら、そこに漂ってるかもしんないし(^^;)
そんなこんなで自分のコア業務がちっとも進まないまま、月末に突入しそうで怖い・・・


EDIT  |  00:32  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.04.30 (Thu)

表現力という呪縛

今ひとつ開催する意味も位置づけも個人的にはよくわからなくて(まっ、私ごときがわかろうがわからまいが関係ないでしょうけど 笑)、斜め見してた「世界フィギュアスケート国別対抗戦」。
その対抗戦なるものが終わり、ついでにシーズンも終わってしまい、今更ですが(苦笑)つらつらと感想なんぞを書いときますね。多分オリンピックシーズンになったら、今の私の感想が「ほらぁ~!」になるか「こらぁ!!」になるか(^^)

まず・・・何だか「WBC2連覇の勢いを今一度!一気に頂点目指せ~」みたいなTV放送だったので、ホントにこれで初代王者?になってたら、マスコミに煽られ、オリンピックまできっと大いなる勘違い状態が続いていたんじゃなかろうかと思うんですが、どうでしょう(苦笑)
きっちり今の実力というかレベルでは妥当だろうと思われる順位に落ち着いた、と、ど素人は思ってますが、この感覚大丈夫?(笑)まあ、女子はそれこそメダル獲得もアリだと思いますが、男子やペア、アイスダンスは正直まだまだ世界の背中は遠いよなぁ・・・と改めて思わされもしましたし。

で、女子。
以前ここでも書いたかと思うんですが、私は「アーティスティック重視派」です。観客に感情を伝えるには余白、ノリシロみたいなものが必要。表現者のその余白に観客は自分の感情を合わせることで、喜怒哀楽は何倍にもなって伝わる・・・と思ってます。要は何が言いたいかというと、このままケガもなくオリンピックイヤーを迎えられたら、浅田選手とキム・ヨナ選手がメダルを賭けてリンクで対戦することになるでしょう。ジャンプの大技と圧倒的な表現力のさあどっち、みたいな(笑)
あっ個人的には安藤選手が何だか上昇気流に乗っかってバンクーバーの台の上にストンと降りてきそうな気がする。台ってなんの(笑)

話もどって・・・今のところ「表現力」といわれる部分では、キム・ヨナ選手はほぼ完成の域に達していると思うし(逆にいうと、これ以上の伸びはないかな・・・と思う。素人考え ^^)周りを見渡しても抜きん出てますしね。浅田選手は確かに年齢と共に細やかな感情を曲に乗せて表現することはできるようになってるとは思いますが、一方で飛ぶ事に対しての欲は絶対なものがあって、なかなかその辺りが上手くかみ合ってくれないようですね。(上から目線&素人考え ^^)トリプルアクセルは決まればでかいけど、そうじゃなければってところがどうしてもあるから、やっぱり少しでも表現力を磨いてカバーする、あるいはさらに加点を目指すってのは当然ちゃ当然。
そこで「表現力」なんですが・・・ちょっと今日はここまで、すいませんっ!(^^;)
EDIT  |  23:13  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。